えっ? ネコノチチ?

今日紹介するのは、

a0047180_1531925.jpg

ヤエヤマネコノチチ。

「ネコノチチ? ネコノチチって、猫の乳?」
そう、その通りでございます。

果実の形を猫の乳に見立ててこの名前らしいのですが
a0047180_1561573.jpg

見えますか?
ヤエヤマと言うぐらいですから、イリオモテヤマネコの乳ですかね?
見たことないのでわかりませんが、知っている人はお知らせください。
和名つけた人は変な名前を思いついたものです。


それにしても赤く熟した実、おいしそうですよね。(現在、熟しております)
なのでついつい一緒にいた知人に
「わぁ、おいしそうね。1個味見してみたら?」
と、自分が先に食べるのではなく促してみた。

    ・

    ・

    ・

口に入れたようだが、返事がない。

    ・

    ・

    ・

「あっ、これ結構いけるかも」
よかった!
これで安心して私も食べられる。

で、味はといいますと、これがおいしい!!
ジャムにしても、酒に漬けてもいけそうな感じです。
サンプル用に5個今は懐かしフィルムケースに入れて持ち帰ったんですけど、
ふたを開けた時、とてもあま~~~い匂いが漂ってきました。

変な名前やら、おいしいやらいろいろ言ってきましたが
環境省では絶滅危惧IB類に指定しています。

ん? 少し食べるぐらいは問題ないよね?


絶滅危惧IB類:
IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの
[PR]
# by kazemaru-go | 2010-09-02 15:28 | 植物

奄美のアジサイは夏に咲く

「アジサイ」というと、梅雨時に咲く園芸種を思い出す人も多いと思いますが、
奄美固有のアジサイ「アマミクサアジサイ」は8月に開花します。

a0047180_1717261.jpg

園芸種が頭にある人は「えっ、これアジサイ?」と思うかもしれませんね。
崖の水が滴るような所にひっそりと存在し、ぱっと見は地味な花を咲かせる
アマミクサアジサイ。
でも、奄美固有で、環境省では絶滅危惧IA類と
ごく近い将来の絶滅の危険性が極めて高い種に指定されています。

アマミクサアジサイは装飾花がないので
何となくアジサイと言うと違和感ある気もしますが、
装飾花の少ない本州から九州に咲く「クサアジサイ」や
屋久島以南に咲く「トカラアジサイ」を見て、アマミクサアジサイを見ると
私はアジサイであることに納得しました。

花に派手さはありませんが

a0047180_17321872.jpg


すっぴんの美しさを感じます。



装飾花: 雄しべ、雌しべが退化し花びらやがくが発達した花
[PR]
# by kazemaru-go | 2010-09-01 17:38 | 植物

この夏、イベントできなかったので

この夏、ちょっとしたイベントやりたくて7月初旬から準備をしていました。
あれ作ろう、これ作ろうといろいろ考えて、
少しずつ出来上がってきていたんだけど、結局、時間切れ。
全てを手作りすると思った以上に時間がかかってしまって・・・・・。
ちょっと残念な夏でした。

友達と一緒に写真撮影とかもして、楽しみにしていたんだけどなぁ。
せっかく作ったカード、見てもらえないと寂しいので
このブログで紹介したいと思います。
5枚別々のカードにしていたのですが、1枚にまとめてみました。

a0047180_17323680.jpg


そのままお蔵入りかと思っていましたが
写真のラリエットは撮影にも協力いただいた
子供服のお店、ティダッコさんに置いてもらいました。


他にも、この夏限りの1点物をいくつか作りました。
下は、kazemaru10周年のプレゼント。
a0047180_17355920.jpg

あるものを買っていただくと、どれか1つを選んでもらうことになっています。
告知することもなく、勝手に一人で楽しんでいるわけですが、
手に取った方がちょっとでも喜んでくれたらそれで嬉しい!

んー、でもやっぱり何かイベント考えて実現させたいなぁ。


今日のおまけ。
 6月1日のブログで、拾ってきたヤコウガイをカットし、それを知人が磨くと
投稿しましたが、覚えてます?
どこまでやれるんだろうと思っていたら、あの状態から紙やすりだけを使い
下の写真の様に磨き上げてきました。
a0047180_17563959.jpg

表面ぼこぼこで、形も整っていなかったものが、ここまでなるとは驚きです。
この中の2つ、ピアス用に頂いたのですが、
なにと組み合わせたら私の物らしいピアスになるのか、
まだピンとこないので、そのままになっています。
出来上がったら、アップしますね♪
随分前の話でしたが、思い出したので紹介しました。
[PR]
# by kazemaru-go | 2010-08-30 18:07 | その他

サガリバナの観察-6

今日はやっと、咲いたサガリバナの花の紹介です。

8/27投稿のブログ(サガリバナの観察-4)
8/28投稿のブログ(サガリバナの観察-5)を読んでいない方は
そちらを先にどうぞ。

8月6日 開花当日14:00の蕾
a0047180_19534642.jpg


8月6日 開花当日17:30の蕾
      蕾の真中に赤い線が見えますが、これは雌しべ。
a0047180_19545588.jpg


8月7日 上写真の蕾は6日に咲きました。
      下写真は8月7日、2日目に咲いた花です。
      花と花の間が少しあいていますが、
      そこが6日に花の咲いた部分です。
      こちらのほうが見事だったのでアップしました。
      これで、60個の花が咲いています。
a0047180_19554319.jpg



下の写真は花を少し大きくしてみました。
たくさんの雄しべがぱっと開き内側のピンク、やくの黄色がやさしい感じで
とても好きです。
さて、いきなり質問
この雄しべ、一つの花にどれくらいあるでしょうか?
a0047180_20345383.jpg


8月10日 咲き始めから5日目に咲いた花。
       (この日が観察した柄の花の最終日)
       写真上のほうは前日までに咲いたもの。
       たくさんの雄しべは朝には落ち、
       1本の雌しべだけがしっかり残っています。
a0047180_204554.jpg


私の観察した柄は73cmで5日間花を咲かせました。
65cm柄のあったものは4日間、83cmあったものは6日間花を咲かせました。
これまで見ていると、4日間花を咲かせているのが多いようです。


これだけ花を咲かせたサガリバナ。
途中、強風の日があったためか、現在実をつけているものは2つだけです。
(観察した柄で)
なかなか厳しいですなぁ。

おまけ 1
下の写真何かわかります?
サガリバナを下から撮ったものです。
横から撮ったほうがいいのはわかっているので、
こんな写真撮る人はあまりいないだろうと、ちょっと撮ってみました。
a0047180_20165140.jpg


おまけ2
あまりに花がきれいだったので、近所の人とサガリバナの花見をしました。
花を見ながら、飲んだビールおいしかったなぁ。
a0047180_20223518.jpg

これまで観察していると、いつ頃花が咲くか予想できそうな感じです。
住用町 内海などにはかなりのサガリバナ植えられているので、
「サガリバナ開花予想」とかして、花見を楽しんだらいいのにと思いました。
奄美ならではなので、とってもいいと思うんですけど、いかが?

さて先程の質問
この雄しべ、一つの花にどれくらいあるでしょうか?
予想してみましたか?

今年、私が観察した木は合計で6本の花の柄が花を咲かせました。
いろいろな柄、咲いた日にちの違う花を朝に拾ってきて数えてみました。
(やくの付いた、長いもののみ)

225本  251本  240本  234本  197本  219本
280本  262本  270本  253本  210本  297本

平均すると約250本。
8月7日、写真で紹介した花は60個咲いたので
約250本 × 60個  = 約15,000本   うぉ~~!!
こんなにたくさんの雄しべを広げ、あんな綺麗な花になるんですね。

今回のサガリバナの観察はひとまず終了。
また、面白い発見あったら紹介しますね。
[PR]
# by kazemaru-go | 2010-08-29 20:44 | 植物

サガリバナの観察-5

今日は蕾の成長の様子を紹介します。

昨日投稿のブログ(サガリバナの観察-4) を読んでいない方は
そちらを先にどうぞ。

7月20日 この状態では蕾か何かわかりませんね。
a0047180_9561514.jpg


7月21日 1日で随分変わるものです。
a0047180_9565611.jpg


7月22日  なんか仁丹(最近聞いたことないなぁ)みたいですね。
        この段階で蕾は緑色をしています。
a0047180_9581237.jpg


7月26日 徐々に成長し、緑色だった蕾が赤紫になっています。
       25日まではどちらかというと緑色っぽかったんですけどね。
a0047180_1002037.jpg


8月3日 この1日前で花の柄の成長は止まっています。 
      緑色だった蕾は赤紫になり、
      赤紫だった柄は緑色になっていますねぇ。
      蕾に色を吸い取られていっているみたい!
      開花3日前。
a0047180_101108.jpg


8月4日 上の写真と比べてみて下さい。
      昨日割れていなかった蕾がこの日は割れています。
      開花2日前。
a0047180_1014915.jpg


8月5日 開花1日前の蕾の様子です。
a0047180_1033082.jpg


まだ硬そうな蕾なんですが、これで開花1日前なんです。
次回は花の様子など紹介します。



おまけはメジロのヒナ
a0047180_1011661.jpg

実家に行くと、「そこ通行止めだから」と
いつも通る庭先が通れませんでした。
なんとこのメジロの親、人が行ったり来たりする道すぐわきのタンカンの木に
巣をつくっていたんです。
なんとまぁ!
カラスなどの脅威より人を選んだんだろうか?
このヒナたち、1週間後、無事巣立ったようです。
[PR]
# by kazemaru-go | 2010-08-28 10:17 | 植物

サガリバナの観察-4

以前、サガリバナの花の咲く様子を観察して投稿しましたが、
その時、他にもいろいろ見てみたいというものが出てきました。

その一つが、花の柄がどれくらいで伸びるのか!
だって、気づけばいつも長い花の柄を伸ばし、その途中を
見ることがなかなかできないんですもの。

サガリバナについては2006年7月25日の投稿、
サガリバナの花、実の観察については2008年10月10~13日の投稿を
先に読んでみてください。

花の観察をしたのは2008年の夏。
昨年、花柄の観察を試みましたが、気づけばまたまた長く伸びている状態で
なかなか観察できませんでした。

しかし、今年ついに見ることができましたぁ~~!!
皆さんにも紹介しますね。
ぐんぐん伸びていく様子が面白いですよ。

7月20日ド真ん中から花芽が出始めています。
a0047180_1127937.jpg

7月21日
a0047180_1128710.jpg

7月22日
a0047180_1128307.jpg

7月24日
a0047180_11285112.jpg

7月26日
a0047180_11292691.jpg

7月27日
a0047180_1130031.jpg

7月30日 27日に比べて蕾と蕾の間が伸びているのが分かりますね。
a0047180_11302560.jpg


観察を始めたのは7月19日から
7月19日・・・・・約1.5cm(この日は測っていないので写真から推測)
7月20日・・・・2.5cm   (1cm伸びる)
7月21日・・・・4cm    (1.5cm伸びる)
7月22日・・・・7cm    
7月23日・・・・10cm   (この2日間は3cmずつ伸びる)
7月24日・・・・14.5cm
7月25日・・・・19cm
7月26日・・・・24.5cm  (この3日間は5cmずつ伸びる。) 
7月27日・・・・34cm
7月28日・・・・39cm 
7月29日・・・・50cm
7月30日・・・・57cm
7月31日・・・・63cm   (この5日間は5~10cmとぐんぐん伸びる)
8月1日・・・・・68cm
8月2日・・・・・73cm   (この日から成長が止まる。)
8月3日・・・・・73cm
8月4日・・・・・73cm
8月5日・・・・・73cm
8月6日・・・・・73cm  花が咲く(成長が止まってから4日目で花が咲き始め)
8月7日・・・・・73cm  花が咲く
8月8日・・・・・73cm  花が咲く
8月9日・・・・・73cm  花が咲く
8月10日・・・・73cm  最後の花が咲く


観察1週間で17.5cm伸び
観察2週間で66.5cm伸びています。
かなりの成長ですよね。
これじゃ、気づけば花柄が伸びて・・・と言うのも納得です。
次回は蕾がどう大きくなるかを投稿しますね。
[PR]
# by kazemaru-go | 2010-08-27 11:54 | 植物

登ったぞー!奄美一の滝

気づけば夏も終わろうとしています。
残暑が厳しいとはいえ、8月末になると夏終わっちゃうなぁと
寂しい気が・・・・・・。

毎年同じパターンになりつつありますが、
1週間ぐらいで、今年の夏をぱぱっと振り返ろうかと思います。

7月8月と慌ただしく、この夏、唯一遊びに行けた場所、
住用町、住用川にあるタンギョの滝。
高さ100m前後で奄美一と言われている滝なのだけど
まさか登ることになるとは思いませんでした。

a0047180_14195311.jpg

車を置いた対岸、山の中腹にある展望所からから見たタンギョの滝。

一気に落ちると言うより、急な崖を流れ落ちるような滝ですね。
これから、あそこに行くのかー。いや~、冒険♪
なんて、妙にうきうきしました。
川に下る山道があるらしいのだけど、そんなのお構いなしに
車を置いた場所から、急な坂をおりました。
タンギョの滝下近くは大きな岩がごろごろしていて
ちょっと奄美らしからぬ景観ですよ。



a0047180_14252897.jpg

滝の下から写した一枚。

落ち始めのところは全く見えません。
いい天気でしょ。滝登りには最高でした。
と言いたいところですが、ほんの一時で天気が変わり、
このあと1時間ぐらいはかなりの大雨になりました。
最初は岩陰で雨宿りをしていたんだけど、
その内背中からホースで水をかけられたようになり
こうなったら濡れて歩いても同じだと
びしょ濡れになりながら頂上を目指しました。

a0047180_14403458.jpg

滝の上からの写真。

滝下に写っている木々の小ささが分かるでしょうか。
思い出しただけでもぞっとします。
でも、ここからパラグライダーで降りたらさぞ気持ちいいだろうなぁ、とも。
本当は川に入って落ちる滝を撮りたかったのですが
先の豪雨のため水かさは増し、かなりの勢いだったのでやめました。
水の力をなめてはいけません。
膝ぐらいまで水位があると、もう絶対勝ち目はないのです。
ちょっと足を滑らせ、気づけば100mぐらい落下じゃいやですからね。
立っていると吸い込まれそうになるので、
ちゃんと安全地帯で岩に腰をおろして写真撮りました。

今回滝を登ると言っても、直接上がって行ったわけではなく、
そのすぐわきを行ったのですが、ロッククライミングできたら
本当に直接上がって行けそうな滝でした。
やってみたいですねぇ。

よーし、次は川内川にあるフナンギョの滝に行こう!
(多分、奄美で二番目に高さがある滝?)


a0047180_152403.jpg

おまけは、水分補給をした場所にいたイシカワガエル。
目の前を、みんなで行ったり来たりしても全く動かず、
レンズを5cmぐらいまで近づけて写真を撮れました。
[PR]
# by kazemaru-go | 2010-08-26 15:13 | 奄美の風景

梅雨時期のコラボ

a0047180_2241997.jpg

ヤンバルアワブキの若葉と花、デリスの新芽と花のコラボレーション。
梅雨のこの時期、植物たちが生き生きと山を彩っています。

a0047180_2281189.jpg

道に落ちていたデリスの花。
根は魚毒として使われますが、
そんなこと想像もつかないくらいかわいらしい花をつけるんです。
[PR]
# by kazemaru-go | 2010-06-04 02:38 | 植物

陶芸 第二弾

先日、赤い土で皿作りなどに挑戦しましたが、
今回、早速白い土で陶芸をしてきました。
下は、こげ茶色っぽいのですが白い土です。
a0047180_2142486.jpg


何を作ろうかと思いましたが、
前回と同じ、コーンフレーク入れとシチュー用皿を作ることにしました。
a0047180_2145523.jpg

この土は、前回のものと比べやわらかく、すぐへたってくるので
ちょっとやりにくかったのですが、下にタオルを置いて支えにし
深めの皿を作ることができました。
前回と同じ物を作りましたが、白い土は上薬の色が鮮やかに出るとのことで
出来上がるのが楽しみです。

それから、ヤコウガイも磨こうよと盛り上がり、
浜で拾ったヤコウガイの汚れを落とし、カットもしました。
a0047180_21532049.jpg

上は貝をカットしている様子。
手をちょん切ってしまいそうで、とても私には出来そうもありません。

a0047180_2156356.jpg

このカットされたもの、磨くとどこまで光るのやら。
知人が全部挑戦してみるとの事だったのでこれもできるのが楽しみです。
私は写真右下の小さい部分、ピアスにしたいと勝手に要望!
厭きないでちゃんと磨いてねぇ♪

下の写真は、工房の庭に咲いていたノボタン。
白色のは珍しいのでアップしました。
a0047180_2210153.jpg


昨日、今日は上記以外でも楽しい事がたくさんありました。
その一つが、1500ccのバイクに乗せてもらったこと。
あの大きさ、音、走り心地、もう最高でしたね。
できたらあんなバイクで、北海道、信州とか北米ツーリングした~~い!!
[PR]
# by kazemaru-go | 2010-06-01 22:16 | イベント

屋久貝アクセサリー

屋久貝とはなんぞ。

昔、大きくて綺麗な貝が装飾・工芸にとてもが重宝されていた。
(正倉院の宝物にも、使用されているようである。)
そのころ屋久島以南を屋久地方と呼んでいたが、
貝は屋久地方で獲れた。
屋久地方で獲れる貝 → 屋久貝(ヤクガイ)。
これが転じてヤコウガイ。   らしい。

そう、ヤクガイとはヤコウガイのことなのです。
漢字では当て字で夜光貝と書かれますが、夜光ることはありません。
奄美は分布の北限近くで、熱帯近くのサンゴ礁で獲れるヤコウガイより
真珠層が緻密で輝きがいいらしいのです。
そのヤコウガイを今日、磨いてみました。

私は、全体がピカピカしているものでなく、
緑とクリーム色が中心で、光の当て具合でピカッと一部が光るものが好み。
出来上がりを想像しつつ、選んでみました。
下2枚の写真は磨く前の表と裏。
a0047180_222178.jpg
a0047180_22212754.jpg


これを、3時間近くかけて磨くと

a0047180_22223750.jpg
a0047180_2223180.jpg

写真じゃわかりにくいですが、横のほうは真珠層がピカピカしていて
変化に富んだ面白いものになりました。

a0047180_22255495.jpg

左二つは以前磨いたもの。
一番左は片ピアスにしていたのですが、重たすぎたのでストラップに、
左から二番目はブレスレットにしました。
さて、今回作ったものは何にしたらいいかなぁ。

この貝、20cmぐらいの大きさになるのですが軟体部は刺身などにすると
おいしんですよ♪
[PR]
# by kazemaru-go | 2010-05-24 22:31 | その他