<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ありがっさまりょうたぁ

このブログを始めてもうすぐ丸6年になろうとしています。
月日が流れるのは早いですね。
あまり更新できていなかったブログですが、それでもこの投稿で373件目となりました。

突然なのですが、
大きな転機になりそうなことがあったことと
新しいことを始めてみたいということもあり
気持ちを切り替え、新しいスターをするためにも
いったんブログをclauseすることにしました。
突然すぎて <(_ _)>

closeするにあたり、このブログで気になっていることが一つ。
昨年行ったマダガスカル旅行記が中途半端のままになっているということ。
いまさら新しく投稿するのも何なので、以前のものに記事を追加しました。
あと、3回ぐらいは続きそうなものをマダガスカル旅行2-5の4回に詰め込んだので
かなり大雑把になってしまいましたが、4つの記事を修正しています。
ある方法で、マダガスカル旅行で撮った全写真、約1700枚もアップしてみました。
「えっ、どうやって1700枚も?」
それは見てのお楽しみ!
お時間のある方はのぞいてみてください♪


これまで、本当に

ありがっさまりょうた♪

a0047180_1362516.jpg




今日のおまけ
「ネームカードの写真」

このブログのネームカードで使用している写真を紹介します。
小さすぎて見てもよくわからなかったでしょうが、シリケンイモリの写真を使っていました。
ぽわ~んと水に浮かんでいる姿がとっても好きです。
a0047180_1415369.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2011-09-14 01:52 | その他

海上に浮かぶ3つの山

各集落で豊年祭などが始まり、秋を感じるようになりました。
私も9/11(日)に大和村から名瀬に向け、7集落の豊年祭を
覘いてきました。
後輩の子供が相撲大会小学生の部で優勝してましたねぇ。
いつの間にあんなに大きくなったんだろう。

鳥の渡りもそろそろ始まったようで自然も人の営みも
すっかり秋ですが、ちょっと思い出したので私はこの夏の話を。

奄美大島から北~北西の水平線上に浮かんでいるようにように見える
3つの山があります。
a0047180_16225131.jpg

天気がいい時だけ見られるこの3つの山、
左と真中の山は横当島、右側は上ノ根島です。

行きたい行きたいと思っていた無人島ですが、
今年の夏やっと行くことができました。


東側(上の写真右側)の上ノ根島は奄美から見ると
a0047180_1629994.jpg

切り立った岩の島のようですが(標高280m)
反対側から見ると
a0047180_1630120.jpg

まったく違う風景なんです。
頂上近くまで行った時、”もわっ”としたから何だろうと思って見てみると
地面から蒸気が出ていました。
この島は火山島なんですねぇ。
近くに生えている木は熱にやられながらも頑張って生きていました。
a0047180_16341310.jpg


いきなり質問。
上ノ根島と横当島の間は約2.5km離れているのですが、
この2島間の海の深さはどれくらいあるでしょうか?


横当島には、2つの山があり、間は細く平たくなっています。
なので、奄美側から見ると上ノ根島も合わせて3つの島のように
見えるんですね。西側の山は標高259m。
a0047180_16275538.jpg

横当島、東側の山(真中に見える一番大きな山)は標高495m。
a0047180_16424272.jpg


せっかく横当島に来たのだから両山に登りたかったのですが、
私には登れそうもなかったので即諦め海で潜りました。

普段見慣れたサンゴ礁の海とは全く別の世界でしたが魚は多かった。
a0047180_16464462.jpg


釣り糸を垂らすと、ブダイの仲間などすぐ釣れそうです。
あぁ、おいしそうなギンガメアジが目の前をたくさん通り過ぎてく~~~!
a0047180_16492893.jpg


楽しく泳いでいてふと目線を上げると
a0047180_1655843.jpg

ダツの群れ。
昼間だからいいものの、夜で光の当て方間違うと危険な魚です。
周りにはウミヘビも結構いて、ちょっとどきどきものでした。
久しぶりの海だし、ハウジングも使えたので嬉しかったですね。

船に戻った時船長さんが「潜ったの?」と聞いたので
「はい、いやー楽しかった」と答えたんですが
船長さん曰く、6時間前、私が泳いでいたところから20~30m沖で
なんと、ハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)が泳いでいた  らしい。
えっ、えぇ~~~~~~~!!!
おいしそうな魚が・・・・とか言っている場合じゃなかった。 
間違えたら私が餌になるところじゃん。  こわっ!

そう、先程の質問の答え
この2島間、2.5kmしか離れていないのに
深くなっているところは800mもあるんですって。
(700mだったか?船長さんから聞いたのに昔すぎてはっきりせず)
これだけ深いんじゃ、大物の魚はもちろん、サメも近くをうようよしているよなぁ。

帰りはうねりがあって、
船の底を打ったり、ジェットコースタのように落ちていったり、
大きめの船の上部運転席にいたにもかかわらず、波しぶきが上や前から襲ってくるので、びしょ濡れにもなったりと最後の最後におまけつきでしたが、とても楽しい無人島探索でした。


今日のおまけ

行きの船で、お尻のあたりに何か軽く当たったような気がしたので
見てみるとトビウオが私の横にいました。
頭から尾びれの先までで10cmもなかったと思うのですが
すごいジャンプ力です。
紺から青の体色がとてもきれいでした。
撮影後は海へ帰してあげました。
a0047180_1716559.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2011-09-13 17:33 | その他

かわいい子供たちとの出会い

今年も3分の2が過ぎてしまいました。
あと4カ月の中でまたいい出会いができることを願い
最近会った子供たちを紹介します。

まずはアマミノクロウサギ。
後ろ足をトントンしたりするも、まったく逃げる様子はなく
餌を食べたりする姿など観察できました。
a0047180_2119249.jpg


次はキノボリトカゲ。
爬虫類と言えども頭が丸っこくてやっぱり子供子供しています。
a0047180_2127269.jpg


子供って、なんであんなにかわいいんでしょうね。
もう、思わず連れて帰りたくなっちゃいます。
あまり心臓バクバクさせてもかわいそうなので
しばらく観察してさよならしました。
[PR]
by kazemaru-go | 2011-09-03 21:23 | 動物