<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マダガスカル旅行記-5

10月20日 ベレンティ保護区&近くを観光

朝は早起きしてベレンティ保護区内を散策。

マダガスカルには、1万円で売られているゴキブリがいると言う。
ゴキブリで1万円?
そんな高級なものならぜひ見てみたいと探してもらいました。
a0047180_22342433.jpg

1万円すると聞いただけで、綺麗な昆虫に見えました。


下はマダガスカルアオバズク。
奄美で見られるアオバズクとは随分違います。
a0047180_22363692.jpg


マダガスカルのカラスは白いベストを着ているよう。
それだけで、とても紳士と淑女に見えるから不思議です。
でも、やはりこの地でも困りものらしい。
下は、白のベストを着たように見えるムナジロガラス。
a0047180_2247189.jpg


下は足の指で枝をしっかりつかみ、
ぶら下がった状態で餌を食べているヴェローシファカ。
a0047180_22491169.jpg

10m近く離れた木と木の間や、とげとげのある木の間を跳び回ったり、
俊敏で忍者の様な流れる移動。ずーっと見ていても飽きませんねぇ。
あの瞬発力、あぁ、羨ましい!!
私もあんな動きができたらどんないいいだろう。憧れるなぁ。

下もヴェローシファカ。
a0047180_2315842.jpg

人がそんなに珍しいの?
見物しているのか見物されているのか分からなくなってしまいそう。


下は昼ご飯を食べた園内レストラン近くにいたワオキツネザル。
人慣れしていて、隙を見せたら自分の食べ物はこの猿たちに
持って行かれちゃいます。
店の人が怖ーい顔して見張っているのでまず大丈夫ですけどね。
それにしても何と大胆不敵な座り方。
a0047180_2383799.jpg


かわいい子ザルも親と一緒に来てました。
親のお尻近くに隠れるのは人と一緒ですね。
a0047180_23102625.jpg

a0047180_23105987.jpg


こんなリラックスしているワオキツネザルもいました。
a0047180_23114844.jpg


あんまりゆっくりしているものだから、近づいて足裏写真に撮ってみました。
a0047180_2313652.jpg

木の上を自由に動き回れるのは、指先の肉球のお陰だろうか。


昼休みには、近くの川に行ってみました。
a0047180_231813100.jpg

そう、これは川。
乾季で幅約400mある川には水がありません。



乾季に水を得るのは大変なことなんです。
多くの労力を要してやっと水を確保できます。
日本のようにいつでもどこでも水があふれているという国は
地球上でそんなにたくさんあるわけではないんです。
a0047180_345892.jpg

a0047180_345427.jpg



午後は博物館に行ったり、オオコウモリを見学したり、
案内のオリビエさんのご好意で近くの集落にお邪魔し
地元の暮らしぶりも見ることができました。

集落ではとにかく子供が元気。
私たちが車を降りたと たんたくさんの子供たちが集まって来て
前に進むこともできません。
写真撮ってもらうのがすごく楽しかったようですね。
a0047180_2532846.jpg


穀物をついていた子供がいたので私もさせてもらいました。
a0047180_2552865.jpg


集落内を歩いていると、踊っている女の人がいました。
あんまり楽しそうだったので、私もついつい一緒に踊ってしまいましたねぇ。
気がつけば周りにいた子供たちも一緒になって踊っていて
すごく楽しいひと時でした。
a0047180_2593353.jpg


夜は保護区内をナイトウォッチング。
夜行性のサルは小さく動きも派手でないし単独行動しているので
見つけるのが大変です。
でも、さすがにオリビエさんはプロ。
懐中電灯1本でシロアシイタチキツネザル、ハイイロネズミキツネザルを見つけました。
それにしても、変な名前。
イタチなのかネズミなのかキツネなのかサルなのか、どっちなんだよぉ。
下はシロアシイタチキツネザル。
a0047180_372367.jpg




10月21日 フォールドーファン→チュレアール(飛行機)
        チュレアール→アンタナナリヴ(飛行機)
        アンタナナリヴのスーパーで買い物
        THE CARLTON HOTEL 泊

本当はフォールドーファンからアンタナナリヴに直接行く予定が
フォールドーファンに大統領が来るとのことで経由便に。
出発は2時間遅れるし、経由便だったのでアンタナナリヴ到着は遅くなってしまいました。
それにしても、大統領だというのにあんな簡単な警備でいいのでしょうか?
軍の人や迎えの人はいましたが、普通に私たちの前を通り過ぎて行きました。



10月22日 ラムサール登録湿地見学。その後買い物。
        アンタナナリヴ→バンコク(レユニオン経由)
        バンコク着は10/23朝。

アンタナナリヴの空港で食べた昼ご飯がいけなかったのかほとんどの人が
お腹の調子がおかしくなりました。
私は食欲があまりなくほとんど食べていなかったので大丈夫でしたが
大変な思いをしたようです。



10月23日 バンコク→関西国際空港
        関空エアポートワシンホテル 泊


10月24日 神戸空港→鹿児島空港
        鹿児島空港→屋久島上空辺りでUターン→鹿児島空港
        鹿児島空港→奄美空港

飛行機に雷が落ちるというハプニングがありましたが
飛行機を乗り換え無事奄美に到着しました。    




今日のおまけ-1
「おまけではない話」

このマダガスカル旅行、自分が見たまま、感じたままを楽しもう! と
ほとんど下調べもしないまま行ってきました。
確かに、いろんなことを感じ、有意義な旅行でした。
でもブログを投稿するにあたりマダガスカルのことを調べてみると
いろんな現状が見えてきてショックを受けました。

マダガスカルは自然破壊など問題を抱えていることは若干は知っていたものの
実はそれ以上だったのです。
現状を知って というのはもちろんですけど
何も知らずに喜んだり、楽しんだり、悲しんだりしていた自分に一番落ち込んだと
言ったほうがいいかもしれません。
もう少し知った上で体感すべきでした。

バオバブ並木は焼き畑農業の末、焼け残った跡だった。

「なに、あの病気のワオキツネザル」と思っていたのは
森林が破壊され、餌が少なくなる冬季に外来種であるギンネムを食べた結果だった。

テレビなどを見てヴェローシファカの横っ跳びを喜んでいたのは
木と木の間を跳び回って生活できるよう進化したサルが
森がなくなり、平地移動を余儀なくされた結果。
あのユニークな姿はイヌやネコを無理やり二足歩行させているに等しいことだった。

たくさんの子供がいて活気があるなぁと思っていたけど
マダガスカルでは人口爆発が大問題。
地域によっては一夫多妻がまだまかり通っているという。

詳しくは藤原幸一さんの本
「マダガスカルがこわれる」 「地球の声が聞こえる」を読んでほしいのですが
彼のWEBサイトに少し紹介してあるのでリンクしたいと思います。

マダガスカルの森が消える日

藤原幸一さんのオフィシャルサイト

マダガスカルで1時間近く飛行機に乗っていて、その間ずっと眼下に見えていたのは下の写真のような景色。
1時間の飛行と言えば、鹿児島→奄美間に相当します。
乾季で葉が落ちているとはいえ、谷近くは緑も見えたことから
伐採や焼き畑後の荒涼とした大地だと思われます。
a0047180_23292517.jpg


下の写真は移動中に車から見た焼き畑の様子。
真っ黒焦げになったバオバブの木がものすごく痛々しかった。
a0047180_23311538.jpg


下はベレンティー国立公園からフォールドーファンの間で見られたサイザール麻の畑。
植民地時代、広大な森林を切り開いて作られたようで
ここの畑の総面積は25,000ha(250平方キロメートル)だそうです。
奄美大島の面積は712.39平方キロメートルなので
実に奄美大島の約3分の1がサイザール麻のプランテーションと言うことになります。
ちなみに、ベレンティー国立公園の広さは250haしかありません。
自然のもの、自然に優しいものということで敷物やバックの材料として
使われているようです。
a0047180_2348174.jpg

a0047180_23483296.jpg


いつまでも、子供たちがきらきらした目を失わないように
いつまでも、動植物たちが生息していけるように
そんなマダガスカルであってほしいと願わずにはいられません。


今日のおまけ-2
「マダガスカル旅行の全写真」

マダガスカルで撮った写真は約1700枚。
その全ての写真をアップします。
おまけ-2の写真(下3枚)はクリックすると若干大きくなります。
a0047180_23563971.jpg

a0047180_23573490.jpg

a0047180_2358662.jpg



今日のおまけ-3
「どうでもいいんだけど」

どうでもいいんですけどマダガスカルで撮った私の写真をアップしてみました。
かなり写真は撮ったのですが、自分の写真はほとんどありません。
なので、記念に。
a0047180_9275899.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2010-11-20 23:23 | イベント

マダガスカル旅行記-4

さて、18日の続きで、
ムルンダヴァとキリンディ森林保護区の話。

キリンディ森林保護区へ行く途中、
17日に行ったバオバブ並木を通りました。

バオバブの実と木。
私たちが行った時は実がなる時期でした。
近くで実を売っていましたが、持ち帰れないかもとのことだったので
私は購入しませんでした。
(本当のところは大丈夫だったみたいで・・・。買えばよかったぁ。)
a0047180_20373871.jpg


私が乗った車とバオバブ並木。
運転手さんは昨日紹介した舗装道路の悪路も
それを感じさせないくらいの運転上手でとても助かりました。
a0047180_2042478.jpg

バオバブ並木の木々は、樹齢、数百年から千年と言われています。
どれぐらいの太さあるんだろうと、近くの木に大人が手を広げて並んだら
6人分ありました。

バオバブの実の中には爪の大きさほどの種がいくつも入っていて
植えると芽が出、自然のものよりすぐ大きくなるらしいんです。
ただ、水のやりすぎでだいたいが枯れるのも早いとか。
過酷な自然条件で、ゆっくり育つから、
これだけの大きさのこれだけの樹齢の木に育つそうです。



キリンディ森林保護区で私たちをまず迎えてくれたのは
目的の一つ、ヴェローシファカ。
木にしがみつて私たちを見ている姿はとてもかわいかったなぁ。
a0047180_2045118.jpg

イヌ?
そうじゃありません。
マダガスカルで一番大きな肉食獣、フォッサ。
人に慣れていて、食堂の床下で昼寝をしてました。
威厳もなにも無いような・・・・。
a0047180_20512770.jpg

下は、ブキオトカゲのしっぽ。
武器尾と言われるだけあって、とげとげがとても痛そうです。
別の所で、頭だけ出していましたが、結構おちゃめな顔してましたよ。
a0047180_2054371.jpg

森林保護区のキッチン、トイレ、枯葉の上など
いろんな所で見られたオオハタトカゲ(多分)。
a0047180_205751100.jpg

この地を訪ねたのは乾季の終わりごろ。
乾季の時期、木に葉があるとそこから水分が蒸散してしまうので
葉を落としている木がたくさんあります。
でも、それでは光合成ができない。
なので、幹の皮をはがし、幹自体で光合成をするという戦略をとっています。
a0047180_2115373.jpg

ほかにもたくさんの動植物が見られたキリンディ森林保護区を、
昼食後出発しました。

次はキリンディ森林保護区からムルンダヴァの帰りの話。

さて、アイスクリームなどでもよくあるバニラ。
マダガスカルは特産らしいのですが、
バニラって、ランの仲間ってこと知ってました?
私は全く知らず、え~~~~~~~~~!!って感じでした。
すごいお世話になっているのに・・・・・・・・。
下はバニラの実。これが原料になります。
a0047180_21163351.jpg

下は、バニラの花。
さすがにラン科。綺麗な花ですね。
a0047180_2117243.jpg



「恋人のバオバブ」?を見に行く途中で撮った1枚。
子供たちとバオバブがとっても絵になったので撮ってみました。
a0047180_21241253.jpg


この近くでは3種類のバオバブが見られたのですが、
ガイドのリブさんが絵を描いて説明してくれました。
ブログで紹介しているバオバブは全てグランディディエリ。
絵は左からグランディディエリ、 フニ、 ザー。
a0047180_21281680.jpg


ガイドさん、運転手さんはさすがに目がいい。
走っている車で、かなり遠くから見つけたカメレオン。
ぎょろぎょろと回す目、足袋を履いたみたいな足、とてもユニークでした。
早く逃げたらいいのに、ゆっさゆっさと体を揺らしながら歩くさまは
もう、最高でした。この個体は雌。近くに茶色い体色の雄がいました。
a0047180_21351885.jpg


さて、町中に戻って。
とても面白いなぁと思ったのが小さい子供を乗せた人力車。
なんなんでしょうね。
a0047180_21384769.jpg


マダガスカルでは労働、移動、食用といろいろ活用されているセブ牛。
背中に「こぶ」があるこの牛はシンボル的存在でしょうね。
セブ牛が引く車で家族そろってお出かけ?
お父さんの手綱さばきがカッコよかったので撮ってみました。
a0047180_21465236.jpg

次の日の朝、私たちはムルンダヴァをあとにしました。



10月19日 ムルンダヴァ→アンタナナリヴ(飛行機1時間)
      アンタナナリヴ→フォールドーファン(飛行機1時間半)
      フォールドーファン→ベレンティ保護区(車移動)

この日は一日移動のみ。
一度首都に戻り、その後フォールドーファンに向かって南下。
その後、ベレンティー保護区に向け長い車移動。


フォールドーファンからベレンティ保護区移動の途中、
物を作ることで生活できるよう
日本人が指導している?していた?
お土産屋さんがあったので寄りました。
同じワオキツネザルやカメレオンでも個性が出ていて
手作りの味わいがありました。
下は、作ったものをはにかみながら見せてくれた子供。
a0047180_1491889.jpg


田舎の子供たちは、外国人が通ると、(そう、私たちは外国人。なんか変な感じ)
「サリ、バザ」
(と聞こえたけどほんとは? ハーイ!(こんにちは)外国人!!の意味らしい)
と、言いながらどこからでもかけてくる。
a0047180_1494747.jpg

この辺りは外でトイレを済ませるらしいのだけど
家と道路の間の草地で用を足そうとしていた男の子。
ズボンを脱いだところに私たちのバスがやってきた。
なんと律儀にお尻を出しながらこの子は私たちにちゃんと手を振ってくれたのでした。

移動中に見た棚田。
マダガスカルに人が入ったのは5世紀頃らしいのですが、
東南アジアから多くの人が渡って来ているようで
このような棚田も見ることができます。
a0047180_22865.jpg


保護区についたのは暗くなってから。
19日、20日の2日間はベレンティ保護区内にあるロッヂに宿泊しました。
下は私たちの部屋。
天井から下がってまとめられている白い布は
現在ほとんど見られなくなった蚊帳です。
a0047180_1501214.jpg


食事はレストラン内で食べましたが
レストランに隣接した下のようなところでも食べられます。
いい雰囲気ですよね。
a0047180_245796.jpg




今日のおまけは
「おいしかったものとお世話になったもの」

マダガスカルで一番おいしかったのは
以外にも「さつまいも」でした。
これはかなりいけましたねぇ。他の人にも好評でしたよ!
a0047180_035630.jpg


下は、ムルンダヴァで飲んだ「エビのスープ」
ホテルの横がマングローブでそこで獲れたエビなどが入っていたはず。
他の人は何とも言っていなかったけど、私は好きでした。
a0047180_0413568.jpg



Tさん: 「ビール飲むひと~~」
ほぼ全員: 「は~~~~~い」 
昼食、夕食と毎回お世話になったのはこのビールでした。
a0047180_0375397.jpg



マダガスカルで一番お世話になったのは やはり 「水」。
いい値段するんですけど、飲みかけはもちろん、
開けてもいない水まで空港では没収されます。
みんなの分まで合わせてどれだけのものが取られたか。
(搭乗口検査入口にはたくさんのボトルが並んでいました)
水は必要、でも買いすぎは注意!
住民はいい水を飲んでいるとは思えないから
もしかしたら没収された水は・・・・・・・・。 ?
a0047180_046112.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2010-11-19 21:52 | イベント

マダガスカル旅行記-3

あ~~、日にちがたつのは早いですねぇ。
前回のブログの更新から10日、
マダガスカル旅行出発から1カ月が過ぎ
だんだんとこの話をするのもなぁ って感じになってきましたが
「します。」と言ったからには最後まで続けねば。
というわけで、続きを。

10月18日 ムルンダヴァ→キリンディ森林保護区(車移動)
       キリンディ森林保護区とバオバブ見学


ホテル近くには海岸があり、朝は早起きして散歩をしました。

河口、海岸に置いてあった舟
a0047180_20192774.jpg

a0047180_20205771.jpg

a0047180_2021566.jpg

この舟、細い、細い!赤いケースはコンパクトデジカメのもの。
いかに細いかが分かるでしょ。
a0047180_20224082.jpg

写真の人はこの後一人でモザンビーク海峡へと漕ぎ出して行きました。
a0047180_2043757.jpg

時間があったら、私も漕いでみたかったなぁ。
お願いしてちょっとでも乗ってみたら良かったと、ものすごく後悔。


海岸に行った目的の一つは「ゆりむん」ひらい。
おー、見つけたぞ!と喜んで拾ってみたら棚かたんすの取っ手でした。
下のモダマの種は知人が拾って、貰ったもの。
a0047180_20564483.jpg


ムルンダヴァはこの辺りでは大きい町なので、
川の向こう岸の人たちは、瀬渡しで朝早くからやってくるようです。
a0047180_2102191.jpg


キリンディ森林保護区とその行き帰りはまた次回。
いっこうに話が進まんなぁ。



今日のおまけ-1は
「なんじゃこりゃ」

最初は首都アンタナナリヴ近郊の人たちの洗濯物の干し方。
なんでわざわざ地面に広げるのでしょう。
a0047180_21101544.jpg


次は4WDの車。4WDの車は日本車が多かったんですけど、
なんか2つの車をひっ付けたような形で変。
マダガスカルではこういう車を「カブ」と言うらしい。
a0047180_21132422.jpg


次は舗装道路。
せっかく舗装したんだけど、雨季で道路が水没したり、
重たい車が走ったりで、道路はどこもぼろぼろ。
舗装してあるがために、とても走りにくい道路となっているのです。
a0047180_21195645.jpg


次はキリンディ森林保護区のトイレ。
これだけです。
a0047180_21211486.jpg


次は自転車の二人乗り。
大人も子供もフレームの所に座るのです。
道悪いのに、お尻いたくないんでしょうか。
みんなほんと器用に二人乗りしてました。
a0047180_21261465.jpg


次はちょっとわかりにくいのですが、何だと思います?
a0047180_21273057.jpg

ガイドさんに「あれ何ですか?」と尋ねたら
「木と木の摩擦で火をおこしてあるんです」だって。
いまだにこんなことやっているんですねぇ。


最後は、子供のおんぶの仕方。
a0047180_21305692.jpg

日本で言うと風呂敷?なんて言うのが正しいかわかりませんけど、
うまい具合にそれを使って腰に縛り付けてるんですよね。
小さい赤ちゃんは首から上だけ出してその下は真丸に・・・・。
いったいどうなっているのか、
どうやるのかとても不思議でした。



今日のおまけ-2は
「マダガスカルの店」

マダガスカルの小売店ではお客さんは中には入れないようになっています。
小売店はどこに行ってもこの形式でした。
a0047180_102546.jpg


マダガスカルではあちらこちらで市場が開かれています。
地方では、出店するためにたくさんの荷物を持った人が、
市場に向かって歩いているのをよく見かけました。

首都アンタナナリヴの市場
a0047180_14565.jpg


ベレンティ保護区とフォールドーファンの間で開かれていた市場
a0047180_16153.jpg


ベレンティ保護区とフォールドーファンの間で開かれていた市場で
私は4種類の豆を買いました。(豆が好きで、家でもよく豆を食べているので・・・)
店員: 「○○アリアリです。」
私: 「えー、高い。安くしてよ。」
なんて交渉して少し安くしてもらいました。
a0047180_111395.jpg

聞いたところによると、
安く売った男の人は私が店を離れた後、隣にいた奥さんかお姉さんかに
こっぴどく怒られていたようです。
外国人相手に高く売らないでどうする!って感じなんでしょうか?
籠の真ん中にある缶の3杯分は買ったのに
よくよく考えてみたら、日本円で50円も払っていなかったはずなんですよね。
観光客相手にするような市場ではなかったのだから、
言われたとおりに支払いしたほうがよかったような・・・・・・。
[PR]
by kazemaru-go | 2010-11-18 21:42 | イベント

マダガスカル旅行記-2

壊れていたカメラふっか~~~つ!!
よって、読み込めなかったSDカードもふっか~~~つ!!
1400枚近い写真が復活いたしました。
よかった、よかった。

出発から、もうすぐ1カ月もたとうとしているのに
いまさらとも思いましたが、他の方のブログとは違い、
日々のことでもない前のことも投稿しているこのブログ。
「撮った写真見てみたい♪」
という、熱い熱いご要望もあったので(若干1名)
マダガスカル旅行、何回かに分けて紹介したいと思います。

持って行ったカメラはコンパクトデジカメで
動物などの写真はほとんどありませんが、しばしお付き合いを。

10月15日 奄美空港→鹿児島空港→神戸空港
10月16日 関空→タイ、バンコク(約6時間)
        タイ、バンコク→レユニオン経由マダガスカル(約10時間)
        マダガスカルの首都アンタナナリヴのホテルに着いたのは夜中。
        (マダガスカルは日本との時差6時間)
       
まず最初の写真は
a0047180_2329986.jpg

いきなりなんじゃ~?と思うなかれ。
雲と雲の間から海岸線が見えるでしょ。
これは、11:45関空発バンコク行きの飛行機の中から見た
なんと、
奄美大島
GPS持って行っていて、それで確認しながら写真撮ったから
間違いないはず!!

10月17日 午前中、首都にあるツィンバザザ動物公園観光
        午後、アンタナナリヴ→ムルンダヴァ
        夕焼けのバオバブ並木を見学
        (夕焼けのバオバブ並木の写真は前回紹介)  

アンタナナリヴのホテルの部屋から写した写真
a0047180_2341223.jpg

半人工湖のアヌシ湖はジャカランダの花が満開
a0047180_23441148.jpg

クロコサギが翼を広げ影を作って餌を探すという面白い行動をしてました。
a0047180_23452299.jpg


ムルンダヴァで二泊した「BAOBAB CAFE」
a0047180_2354824.jpg

ここから、私を含め何人かに「AIR MAIL」送ったのに
いまだ届いておりません。あの絵葉書はどうなっちゃったんでしょうね。
「welcome drink」はバンシロジュースでした。

私のベット
a0047180_23544340.jpg


部屋から見た、ホテル中庭と裏にあるマングローブ
a0047180_23561448.jpg

ホテルにプールあるの知っていて、絶対水着持って行くぞ~~!
と張り切っていたのに、パッキングしたのが出発朝方だったので
すっかり忘れて行ってしまった。ざんね~~~ん!!

次回は10月18日~
本格的に観光が始まります。
たくさんの写真で紹介しますので、お楽しみに!!


今日のおまけ-1は
「マダガスカルの紙幣」

私が紙幣で一番好きだったバオバブの木のデザイン2,000アリアリ
a0047180_02255100.jpg

一番大きな紙幣10,000アリアリが工事しているデザインとは・・・・・・・。
a0047180_024155.jpg

ちなみに、10,000アリアリは約500円


今日のおまけ-2は
「変だった食べ物」

夕食はコースだったのに最後に出てきたフルーツは
a0047180_013988.jpg

確かにフルーツなんだけど・・・・・・・・・・・。



同じ夕食で、ミックスジュースを頼んだら出てきたのは
a0047180_032766.jpg

確かにミックスジュースなんだけど・・・・・・。

ちなみにコースは前菜、肉料理など出て、結構豪華だったんですよ。



ムルンダヴァで「昼食、弁当にしますか?」と聞かれ、
マダガスカルの弁当ってどんなんだろうと期待いっぱいで
「弁当がいい!!」と言って、お弁当頼んだんですけど、もらったのは
a0047180_011917.jpg

a0047180_0114475.jpg

フランスパンにチーズとハムを挟んだだけのものが
無造作に袋に入れられ、それを「はい」と渡されました。
(マヨネーズとかそういった類の味付け全くなし)

これって・・・・・・。と思うのは日本人的感覚でしょうか?
[PR]
by kazemaru-go | 2010-11-09 00:07 | イベント