<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小さくかわいい赤のポンポン

今日紹介するのは見たかった植物の一つ「ホンゴウソウ」。

絶滅危惧ⅠB類(環境省)に指定されていて
名前は最初の発見地、三重県楠町本郷の地名からきています。

葉緑素をもたない腐生植物で、高さは3~8cm、茎も細く、
花は2mmと本当に小さい。小さいうえに生息地もわずかで、
なかなか見つけることができませんでした。
7月頃花を咲かせるので、今年も見ることができないと
ほとんど諦めていたのですが、終わりかけのホンゴウソウを
運よく見ることができました。  パチ、パチ、パチ \(^O^)/
a0047180_19144742.jpg

普通に歩いていたら、いや、そこにあるよと言われても
全くと言っていいほどわかりません。

2mmぐらいの花に焦点を合わせると
a0047180_19152398.jpg

小さくかわいい赤のポンポンみたいでした。

奄美にはこれに似たタカクマソウもあるのですが、見てみたいですねぇ。


今日のおまけは
イノシシの骨とキノコ
a0047180_18244065.jpg

川原に大きなイノシシの骨が横たわった形でありました。
イノシシを栄養にして育ったのかわかりませんが、
その骨のあるところのみキノコが生えています。

面白いなぁ、と思って見ていたら


a0047180_19154664.jpg

はっけー、だいばん(大きな)ダニが二匹もいるがねぇ!
やばいやばいと、そそくさと退散しました。。。

今日で、この夏を振り返ったブログは終了。
また、マイペースの更新に戻りま~す♪
[PR]
by kazemaru-go | 2010-09-04 18:41 | 植物

ユニークな形のツルウリクサ

今日紹介するのは

a0047180_1812948.jpg


ツルウリクサ。

ススキなどごちゃごちゃ草の生えた道脇などに咲いているのですが
実は、
奄美が国内最後の自生地
らしいのです。
沖縄県のレッドデータブックにも
「沖縄島の1ヶ所では絶滅、他の1ヶ所も現状不明。
 宮古島の現状は不明で、絶滅した可能性が高い。」
とありました。
あんなに無造作に咲いていて、絶滅なんて有り得なさそうな草なのに・・・・・。
この環境、大切にしたいですね。

そんなに珍しい花なのに、なんか私見たことあるかも・・・。
という人もいるのではないでしょうか?
よく、庭先で見かけるトレニアと同じ仲間なんですよ。
a0047180_18193754.jpg

上の写真は、近所の庭に植えられているトレニア。
これだったら知ってる人も多いですよね。


話は戻りまして、
環境省で絶滅危惧ⅠA類に指定されている、ツルウリクサですが
よくよく見ると面白い花の形をしています。
a0047180_1814551.jpg


もうちょっと拡大してみましょうね。
a0047180_18155562.jpg

木や草などは、雄しべと雌しべがあり、花粉が雌しべにつくことで
種などができる、これが基本ですが、
子孫を残すために、植物によっていろんな工夫をしています。
こんな形をして、ツルウリクサはいったいどんな戦略があるのでしょう。

園芸種の説明の中に
「めしべの先端が2つに割れており、そこに触れるとぴたりと閉じる
 おもしろい性質があります。」
とありました。
ツルウリクサも同じなんでしょうね。
今度見かけたら早速やってみなきゃ!!
(3枚目の写真では、雌しべが半開きになっています。)

ツルウリクサを実際見られなくても、園芸種のトレニアで花の形の
ユニークさを観察することができます。
是非じっくり見てみてください。


今日のおまけは
a0047180_1843152.jpg

大高吹奏楽部。
写真は8月28日に行われた「大島高校吹奏楽部九州大会出場記念演奏会」
2年生1年生が演奏する「今日の日はさようなら」の中、
引退をする3年生が一人一人挨拶をしている様子。
知り合いがいて、6月27日に行われた定期演奏会にも行ったのですが
演奏凄いし、いろんな工夫されているし、
両演奏会ともずーっと鳥肌立ちっぱなしでした。
感動してしまって、スタートラインを合唱している時
なだっくゎー(涙)まで、出そうになったが!!
私に、「演奏会来てね」と、連絡をくれたSちゃん。
1年生、2年生の時は行けなかったけど、最後の演奏聴けて本当によかった。
Sちゃん、大島高校吹奏楽部のみなさん、ありがとう。

大島高校吹奏楽部の記事が asahi.com で読めます。
夏音・上 29年ぶり 大島高校の挑戦
[PR]
by kazemaru-go | 2010-09-03 19:16 | 植物

えっ? ネコノチチ?

今日紹介するのは、

a0047180_1531925.jpg

ヤエヤマネコノチチ。

「ネコノチチ? ネコノチチって、猫の乳?」
そう、その通りでございます。

果実の形を猫の乳に見立ててこの名前らしいのですが
a0047180_1561573.jpg

見えますか?
ヤエヤマと言うぐらいですから、イリオモテヤマネコの乳ですかね?
見たことないのでわかりませんが、知っている人はお知らせください。
和名つけた人は変な名前を思いついたものです。


それにしても赤く熟した実、おいしそうですよね。(現在、熟しております)
なのでついつい一緒にいた知人に
「わぁ、おいしそうね。1個味見してみたら?」
と、自分が先に食べるのではなく促してみた。

    ・

    ・

    ・

口に入れたようだが、返事がない。

    ・

    ・

    ・

「あっ、これ結構いけるかも」
よかった!
これで安心して私も食べられる。

で、味はといいますと、これがおいしい!!
ジャムにしても、酒に漬けてもいけそうな感じです。
サンプル用に5個今は懐かしフィルムケースに入れて持ち帰ったんですけど、
ふたを開けた時、とてもあま~~~い匂いが漂ってきました。

変な名前やら、おいしいやらいろいろ言ってきましたが
環境省では絶滅危惧IB類に指定しています。

ん? 少し食べるぐらいは問題ないよね?


絶滅危惧IB類:
IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの
[PR]
by kazemaru-go | 2010-09-02 15:28 | 植物

奄美のアジサイは夏に咲く

「アジサイ」というと、梅雨時に咲く園芸種を思い出す人も多いと思いますが、
奄美固有のアジサイ「アマミクサアジサイ」は8月に開花します。

a0047180_1717261.jpg

園芸種が頭にある人は「えっ、これアジサイ?」と思うかもしれませんね。
崖の水が滴るような所にひっそりと存在し、ぱっと見は地味な花を咲かせる
アマミクサアジサイ。
でも、奄美固有で、環境省では絶滅危惧IA類と
ごく近い将来の絶滅の危険性が極めて高い種に指定されています。

アマミクサアジサイは装飾花がないので
何となくアジサイと言うと違和感ある気もしますが、
装飾花の少ない本州から九州に咲く「クサアジサイ」や
屋久島以南に咲く「トカラアジサイ」を見て、アマミクサアジサイを見ると
私はアジサイであることに納得しました。

花に派手さはありませんが

a0047180_17321872.jpg


すっぴんの美しさを感じます。



装飾花: 雄しべ、雌しべが退化し花びらやがくが発達した花
[PR]
by kazemaru-go | 2010-09-01 17:38 | 植物