<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

これ、なぁんだ?

さて、下の写真、いったいなんでしょう。

a0047180_13103752.jpg


これは、松の接ぎ木をした跡です。
松の栽培試験場にあったうちの1本。
苗木が少し大きくなった頃、下から60cm.くらいの所から切り、
別の松をそこに挿して約30年近く経っています。
継ぎ目がはっきりわかるほど別々のものであるのに、
その種の特徴を保ちつつ
一緒に大きくなっていっているのが不思議。

この試験場、最初の4年ぐらいは手を入れていたらしいのですが
その後はそのままになっていたようです。
松は、裸地が森を形成していく初期の段階ではえ、
その後広葉樹が大きくなってくると、徐々に消滅して行きます。
ここの森も、手入れをしていなかったため、
たくさん植えられていたであろう松はほとんどなくなり、
広葉樹の森に変わりつつありました。

a0047180_12514268.jpg

かなりの密度で植えられていた松ですが
現在、ぱっと見ると写真のようにほとんどわかりません。
遠くからだと、樹高がある松林がまだはっきりわかるので
今後これがどう変わっていくのか楽しみです。

次。 さて、下の写真は何でしょう。
a0047180_1256157.jpg

これは、リュウキュウイノシシを落として獲るわなの跡です。
幅1m、深さ2mくらい。
松の試験場の中にありました。
よそ見をしていて落ちたら大変です。
穴掘るのも大変だし、落ちたイノシシ引き上げるのもかなり苦労したはず。
同じような穴、時々覗くんだけど、落ちたイノシシに出会ったことがありません。
何かおらんかい?と見てみたら、中に動物いた、なんてことなっても
困っちゃうんですけどね。
ちゃんと草など敷き詰めわからないようにして使用するんですかね。
見たいものです。
奄美の山にはあちこちこういう穴があるので要注意ですよ♪
[PR]
by kazemaru-go | 2008-01-26 13:02 | その他

寒空の下、海岸線で

この寒い時期、海岸線の満潮時には海水が届くような所に
密かに咲いている花があります。

名前はハマジンチョウ(浜沈丁)。
浜にあるジンチョウゲに似た植物と言うことから来ています。
分布は三重県、九州西海岸以南。
海岸線の開発により絶滅の危機が増大していて、
環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧Ⅱ類に入っています。

寒いと、なかなか海岸線に行くことはありませんが、
ぶるぶる震えながらもよく来てくれたねって、
プレゼント貰ったような気がしました。

蕾、花、実が一度に見られましたので、紹介します。
果実はコルク質で海水に浮くので、海流に乗って散布されるんですよ。

a0047180_21482033.jpg


a0047180_21484395.jpg


a0047180_2149452.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2008-01-25 21:52 | 植物

こんなに美味しいのに・・・。

先日紹介した「ひきゃげ」。
今回、紫芋で作った「ひきゃげ」を貰って
きれいだったのでアップします。

a0047180_14111360.jpg

上に乗っているのは梅干しなのですが
サツマイモの甘さと、梅干しのすっぱさが
なかなかのコンビネーションでした。

おいしい奄美のサツマイモですが、
実は植物防疫法により島外持ち出し禁止なんです。
サツマイモにはアリモドキゾウムシやイモゾウムシなどの害虫が寄生し
イモ類に大きな被害をもたらしています。、
持ち出し禁止は、まだ発生していない本土への上陸を阻止するためなんです。
サツマイモ(紅芋など)のほかに、エンサイ、アサガオ、グンバイヒルガオなどの
生茎葉及び地下部なども持ち出し禁止!

驚くことに以前は多くの果物や野菜の持ち出しも規制されてました。
平成3年、ウリミバエ、ミカンコミバエという害虫が根絶され
今は大丈夫ですけど。
タンカン、ポンカン、マンゴーなど、現在全国に発送されていますが、
それが出来るようになったのも、そんなに昔の話じゃなかったんですね。
なんか、外国みたい!

アリモドキゾウムシが寄生したサツマイモは
苦味があるし、まずくてとても食べられたものじゃありません。
見た目じゃわかりにくく、口に入れてから
「げっ、苦い!!」とわかるので厄介です。
寄生された芋を「サシドン」って言うんですけど、
奄美でサシドンの心配をせず、
サツマイモを食べられるのはいつになることやら。

問題になっている害虫見てみたい方は下記をクリック
移動制限の原因となる病害虫

ちなみに、サツマイモは奄美市にある門司植物防疫署名瀬支所で
47~48度、湿度95%以上の水蒸気による消毒をしてもらって
「消毒確認証印」を押印してもらえたら持ち出せますよ。
[PR]
by kazemaru-go | 2008-01-18 14:58 | その他

小正月

昨日(1/15)は小正月でした。
(ちなみに、新の1月1日は大正月と言うらしい。)

昨日夕方
母:「今日は小正月だからごちそう作らんば。」
私:「えっ、小正月?小正月っちば何するわけ?」
母:「昔は正月しかおいしいもの食べられらんかったから
   ごちそう作ってみんなでわいわいするのよ。」

昔はみんな貧乏だったから、ここぞとばかりに
正月にかこつけておいしいもの食べていたのでしょうか?
大正月、小正月、旧正月と正月祝いが多い。

さて、何のごちそうを作ったかはわかりませんが、
今朝、おすそ分けが回ってきました。
「ワンホネヤッセ」と「ひきゃげ」。

a0047180_10225976.jpg

           これはひきゃげ。
           さつまいもと餅で作ります。
           簡単な料理なのですが
           蒸したさつまいもと餅をすりこぎで
           滑らかになるまでつぶすのはかなり重労働です。
           父方の祖母のひきゃげは天下一品だったんだけどなぁ。

a0047180_10291198.jpg

        これは、年末のワンホネヤッセに入っていなかったコゥシャマン。
        コゥシャマンだけ取り出して写真撮ってみました。
        皮の下から全部白色で少し粗い口当たりがします。
        切る前は1個が両手の手のひらにやっと乗るくらい大きい。

a0047180_10331132.jpg

          せっかくですので、他の芋の紹介もします。
          これは、三献の一の膳に入っていたハァマン。
          中は芯まで紫色が入り、滑らかな口当たりで
          1個は握りこぶし大です。
          もう一つ、バカマンというのがありましたが
          それは、皮の下だけ紫色をしていて一見ハァマンみたいだけど
          中がコゥシャマンのように白いものを言うらしい。
          かわいそうな名前をつけられたもんだ!
          でも、コゥシャマン、ハァマン、バカマンの和名は
          何なのでしょう?
          同じものなのか、違うものなのかもよくわかりません。
          今度八百屋さんに聞いてみます。



さてさて、私はどんな小正月を過ごしていたかと言いますと
友達の所で夕食をごちそうになっていました。
(小正月とは知らないで計画したんだけど、いいタイミングでした。)

a0047180_1055226.jpg

       おいしそうでしょう。実際めちゃおいしかったよぉ!!
       トルコ料理とインド料理だったっけ?
       名前聞いたんだけど忘れちゃった。今度また教えてもらいます。

a0047180_10575210.jpg

         私達のために料理を作ってくれている様子。
         心を込めて作ってくれた料理、そしてこの雰囲気が、
         いっそう料理の味を引き立ててくれます。

a0047180_1111599.jpg

         今日のメインイベントは訪ねたご夫婦の
         5ヶ月になる赤ちゃんに逢うことでした。
         写真は赤ちゃんの手と私の手。
         もう、可愛くて、可愛くて。
         私が抱くと、何かを訴えるように激しく泣いていましたが
         お母さんに抱っこしてもらうと、さっきのは夢か幻?と
         言いたくなるくらいピタッと泣き止み、ニコニコするから不思議。
         こんなに小さいのに、わかっているんだなぁ。
         名前は「あかりちゃん」。漢字で書くと「愛加光ちゃん」。
         素敵な名前だと思いません?
         ほんわか幸せ夫婦が、あかりちゃんが加わったことで
         もっと、ステキな家族になっていました。        
[PR]
by kazemaru-go | 2008-01-16 11:31 | いただきます。

山のモビール

山に入ると、行く手を阻むつる性植物があります。
この植物は厄介なことに鋭いとげまであるので
痛い思いをしたり、洋服を破りそうになったり
私の中では要注意植物の一つです。

その植物とはサツマサンキライ。
九州南部以南に分布している雌雄異株のつる性植物です。
最近ではあまり見かけませんが、葉は餅を包むのに使われるようです。
(サンキラ餅)

今、花の時期なのですが、
赤や薄黄緑色の柄やつぼみ、花が
丸っぽく固まって咲くので
まるで山で見られるモビールのようです。

a0047180_21284990.jpg

             これは雌花。
             プクッとしているのがかわいらしい。

a0047180_21294243.jpg

                これは雄花。

a0047180_2128383.jpg

           少し遠めに見るとこんな感じです。
           これは雌花なのですが、
           雄花だともう少し華やかに見えます。

a0047180_2131757.jpg

             花と一緒に実もなっていました。
        
[PR]
by kazemaru-go | 2008-01-12 21:33 | 植物

奄美の年末年始

めちゃ遅くなりましたが

あけましておめでとうございます

みなさま、どのようなお正月を迎えられましたでしょうか?
さてさて久しぶりのブログ。
今日はナンカンジョセ(七草かゆ)なので
食べ物つながりで
奄美の年末年始の食べ物特集をしたいと思います。(我が家版)
少しなが~~~くなりますが、お付き合いください。
(ナンカンジョセのことは2006年1月のブログをご覧下さい)

まずは大晦日に食べるワンホネ。
奄美では年越しそばを食べません。
チバシャ(ツワブキ)入り、ワンホネを食べます。

a0047180_19224142.jpg

普通食べるワンホネヤッセとの違いは
とにかく具が大きい!!
それから、冷蔵庫のなかったときの名残か
大晦日ワンホネ用の豚には塩を多めにふってあるので
ちょっと塩味が濃い。
具は、骨付き豚肉、ツワブキ、コゥシャマン(又はバカマン)、こんぶ、
大根、人参、こんにゃくなど。
今年はコゥシャマンのいいのが手に入らなかったのか、
代わりに、つきあげと竹の子が入ってました。

a0047180_19304647.jpg

1人分の食事はこんな感じです。
ワンホネ、カシキ(赤飯)、さしみ、吸い物、まめ、餅。
掃除した後、もう動けない!というまで食べます。
以前試しに「年越しそば」で大晦日を越そうとしたことがありましたが、
上の写真が年越し料理と思っている私には物足りなさ過ぎた。

年が明け、「あけましておめでとう」を言った後、まず、初風呂。
その後、「三献」(さんごん)をします。
三献は奄美の格式高い行事の一つで、これを済まさない事には
普通は外に出かけることはありません。

「三献」は家のものみんなが正装で床の間に集まり、
家長がまず年始の挨拶をします。
それから、お酒と塩をちょっとつけたコンブとスルメを箸で挟んで配ります。
そして、一の膳、二の膳、三の膳と続きます。

a0047180_19485046.jpg

我が家の床の間。

a0047180_19493493.jpg

普段、酒と言えば焼酎をさす奄美ですが、この時は清酒。
他の家は焼酎を飲む所も多いようです。

a0047180_19514556.jpg

塩と、コンブ、スルメはお盆に白い紙を敷きその上に置きます。

a0047180_19524093.jpg

これは、一の膳。
赤いお椀で出てきます。
具は一番下からコンブ、餅、
その上に、豚肉、白身の魚、シイタケ、ハァマン、ゆで卵、エビ、
ネギやカイワレなどを飾り付けます。
お酒を頂いた後、一の膳を食べます。

a0047180_19562346.jpg

これは、二の膳。
少し大きめに切った白味魚の刺身二切れにしょうが一切れ。
これも再びお酒を飲み、その後食べます。

a0047180_19593184.jpg

これは三の膳。
黒いお椀で出てきます。
具はかしわ(鶏肉)、大根、フル。
(奄美の料理の本などを見ると豚肉と書かれているようですが
 我が家は鶏肉です。)
三の膳もお酒を頂いた後、食べます。

これらを、話しをすることもなく静かに頂き、厳かな正月を迎えるわけです。
三献が終わると親戚周りをするのですが
またまた、各家で三献料理を頂きます。
(一般に言うお雑煮、おせち料理はありません。)

門松はと言いますと
a0047180_2053468.jpg

こんな感じ。
リュウキュウマツ、ヒメユズリハ、コサン。
田舎のほうに行くと、白い砂を下のほうに盛り上げています。
コサンは奄美では門松、七夕、初夏には食料として大活躍です。
この竹、方言でコサンと言っているようですが、
ホテイチク(布袋竹)?ですかね。
ご存知の方は教えてください。

(※後日知人に聞いたところ、ホテイチクでいいようです。)

いろいろな年中行事が年々行われなくなってきている奄美ですが
正月の三献はちょっと別格みたいです。

さて、話はやっと今日の話題。
a0047180_20295170.jpg

ナンカンジョセで食べる七草かゆと言いながら、
本土で言う七草を入れることはありません。
七野菜かゆと言ったほうがいいかもしれません。

月曜だし、今日から、正月気分も抜けてといきたいところですが、
正月→ナンカンジョセ(1/7)→鏡開き(1/11)→ナリ餅(1/14)
そして、2/7の旧正月となんやかんやで正月気分が抜け切れそうもありません。  

こうして始まった2008年(平成20年)ネズミ年ですが、
今年も何卒よろしくお願い致します。

そして、
皆様にとって
わくわく、にこにこ、すばらしい年になりますように!!
[PR]
by kazemaru-go | 2008-01-07 20:43 | いただきます。