カテゴリ:いただきます。( 21 )

奄美でイタリアン

今夜、ちょっとしたお祝いで龍郷町芦徳にある
Villa Yurimun(ヴィラ ゆりむん)に行きました。
どこかゆっくりできて、おいしい所はないだろうかと思って
探して行ったんですけど、これが大満足!
投稿する予定もなかったのですが、デートや、ちょっとしたお祝いなどにも
お勧めなので紹介したいなぁと。

a0047180_2474047.jpg

これが本日食べた料理。
いいでしょ?
イタリアンなんだけど島の食材も使われています。
パスタはなんとそば粉で作ったそうで、面白い組み合わせでした。
一緒に飲んだ白ワインも、食後のコーヒーもおいしかったよ♪

a0047180_2502058.jpg

左側2枚がお手洗い。
おしゃれなところに行くとどうしてもトイレが気になっちゃうのよね。
右側2枚はデラックスツイーンの部屋。
とてもいい感じだったので食後にわがまま言って見せてもらいました。
記念日にと名瀬などから泊りに来る人も多いらしいんです。
確かに、おいしい食事をして、お酒を飲んで、こんな所でゆっくりできたら
最高だろうなぁ。
私も勝手に記念日でも作って宿泊しに行こうかな。

Villa Yurimun 詳しくは左をクリック

イベントの準備をしていたらこんな時間になってしまった。
朝、ちゃんと起きられるのだろうか。  やばっ!
[PR]
by kazemaru-go | 2009-01-05 03:00 | いただきます。

小正月

昨日(1/15)は小正月でした。
(ちなみに、新の1月1日は大正月と言うらしい。)

昨日夕方
母:「今日は小正月だからごちそう作らんば。」
私:「えっ、小正月?小正月っちば何するわけ?」
母:「昔は正月しかおいしいもの食べられらんかったから
   ごちそう作ってみんなでわいわいするのよ。」

昔はみんな貧乏だったから、ここぞとばかりに
正月にかこつけておいしいもの食べていたのでしょうか?
大正月、小正月、旧正月と正月祝いが多い。

さて、何のごちそうを作ったかはわかりませんが、
今朝、おすそ分けが回ってきました。
「ワンホネヤッセ」と「ひきゃげ」。

a0047180_10225976.jpg

           これはひきゃげ。
           さつまいもと餅で作ります。
           簡単な料理なのですが
           蒸したさつまいもと餅をすりこぎで
           滑らかになるまでつぶすのはかなり重労働です。
           父方の祖母のひきゃげは天下一品だったんだけどなぁ。

a0047180_10291198.jpg

        これは、年末のワンホネヤッセに入っていなかったコゥシャマン。
        コゥシャマンだけ取り出して写真撮ってみました。
        皮の下から全部白色で少し粗い口当たりがします。
        切る前は1個が両手の手のひらにやっと乗るくらい大きい。

a0047180_10331132.jpg

          せっかくですので、他の芋の紹介もします。
          これは、三献の一の膳に入っていたハァマン。
          中は芯まで紫色が入り、滑らかな口当たりで
          1個は握りこぶし大です。
          もう一つ、バカマンというのがありましたが
          それは、皮の下だけ紫色をしていて一見ハァマンみたいだけど
          中がコゥシャマンのように白いものを言うらしい。
          かわいそうな名前をつけられたもんだ!
          でも、コゥシャマン、ハァマン、バカマンの和名は
          何なのでしょう?
          同じものなのか、違うものなのかもよくわかりません。
          今度八百屋さんに聞いてみます。



さてさて、私はどんな小正月を過ごしていたかと言いますと
友達の所で夕食をごちそうになっていました。
(小正月とは知らないで計画したんだけど、いいタイミングでした。)

a0047180_1055226.jpg

       おいしそうでしょう。実際めちゃおいしかったよぉ!!
       トルコ料理とインド料理だったっけ?
       名前聞いたんだけど忘れちゃった。今度また教えてもらいます。

a0047180_10575210.jpg

         私達のために料理を作ってくれている様子。
         心を込めて作ってくれた料理、そしてこの雰囲気が、
         いっそう料理の味を引き立ててくれます。

a0047180_1111599.jpg

         今日のメインイベントは訪ねたご夫婦の
         5ヶ月になる赤ちゃんに逢うことでした。
         写真は赤ちゃんの手と私の手。
         もう、可愛くて、可愛くて。
         私が抱くと、何かを訴えるように激しく泣いていましたが
         お母さんに抱っこしてもらうと、さっきのは夢か幻?と
         言いたくなるくらいピタッと泣き止み、ニコニコするから不思議。
         こんなに小さいのに、わかっているんだなぁ。
         名前は「あかりちゃん」。漢字で書くと「愛加光ちゃん」。
         素敵な名前だと思いません?
         ほんわか幸せ夫婦が、あかりちゃんが加わったことで
         もっと、ステキな家族になっていました。        
[PR]
by kazemaru-go | 2008-01-16 11:31 | いただきます。

奄美の年末年始

めちゃ遅くなりましたが

あけましておめでとうございます

みなさま、どのようなお正月を迎えられましたでしょうか?
さてさて久しぶりのブログ。
今日はナンカンジョセ(七草かゆ)なので
食べ物つながりで
奄美の年末年始の食べ物特集をしたいと思います。(我が家版)
少しなが~~~くなりますが、お付き合いください。
(ナンカンジョセのことは2006年1月のブログをご覧下さい)

まずは大晦日に食べるワンホネ。
奄美では年越しそばを食べません。
チバシャ(ツワブキ)入り、ワンホネを食べます。

a0047180_19224142.jpg

普通食べるワンホネヤッセとの違いは
とにかく具が大きい!!
それから、冷蔵庫のなかったときの名残か
大晦日ワンホネ用の豚には塩を多めにふってあるので
ちょっと塩味が濃い。
具は、骨付き豚肉、ツワブキ、コゥシャマン(又はバカマン)、こんぶ、
大根、人参、こんにゃくなど。
今年はコゥシャマンのいいのが手に入らなかったのか、
代わりに、つきあげと竹の子が入ってました。

a0047180_19304647.jpg

1人分の食事はこんな感じです。
ワンホネ、カシキ(赤飯)、さしみ、吸い物、まめ、餅。
掃除した後、もう動けない!というまで食べます。
以前試しに「年越しそば」で大晦日を越そうとしたことがありましたが、
上の写真が年越し料理と思っている私には物足りなさ過ぎた。

年が明け、「あけましておめでとう」を言った後、まず、初風呂。
その後、「三献」(さんごん)をします。
三献は奄美の格式高い行事の一つで、これを済まさない事には
普通は外に出かけることはありません。

「三献」は家のものみんなが正装で床の間に集まり、
家長がまず年始の挨拶をします。
それから、お酒と塩をちょっとつけたコンブとスルメを箸で挟んで配ります。
そして、一の膳、二の膳、三の膳と続きます。

a0047180_19485046.jpg

我が家の床の間。

a0047180_19493493.jpg

普段、酒と言えば焼酎をさす奄美ですが、この時は清酒。
他の家は焼酎を飲む所も多いようです。

a0047180_19514556.jpg

塩と、コンブ、スルメはお盆に白い紙を敷きその上に置きます。

a0047180_19524093.jpg

これは、一の膳。
赤いお椀で出てきます。
具は一番下からコンブ、餅、
その上に、豚肉、白身の魚、シイタケ、ハァマン、ゆで卵、エビ、
ネギやカイワレなどを飾り付けます。
お酒を頂いた後、一の膳を食べます。

a0047180_19562346.jpg

これは、二の膳。
少し大きめに切った白味魚の刺身二切れにしょうが一切れ。
これも再びお酒を飲み、その後食べます。

a0047180_19593184.jpg

これは三の膳。
黒いお椀で出てきます。
具はかしわ(鶏肉)、大根、フル。
(奄美の料理の本などを見ると豚肉と書かれているようですが
 我が家は鶏肉です。)
三の膳もお酒を頂いた後、食べます。

これらを、話しをすることもなく静かに頂き、厳かな正月を迎えるわけです。
三献が終わると親戚周りをするのですが
またまた、各家で三献料理を頂きます。
(一般に言うお雑煮、おせち料理はありません。)

門松はと言いますと
a0047180_2053468.jpg

こんな感じ。
リュウキュウマツ、ヒメユズリハ、コサン。
田舎のほうに行くと、白い砂を下のほうに盛り上げています。
コサンは奄美では門松、七夕、初夏には食料として大活躍です。
この竹、方言でコサンと言っているようですが、
ホテイチク(布袋竹)?ですかね。
ご存知の方は教えてください。

(※後日知人に聞いたところ、ホテイチクでいいようです。)

いろいろな年中行事が年々行われなくなってきている奄美ですが
正月の三献はちょっと別格みたいです。

さて、話はやっと今日の話題。
a0047180_20295170.jpg

ナンカンジョセで食べる七草かゆと言いながら、
本土で言う七草を入れることはありません。
七野菜かゆと言ったほうがいいかもしれません。

月曜だし、今日から、正月気分も抜けてといきたいところですが、
正月→ナンカンジョセ(1/7)→鏡開き(1/11)→ナリ餅(1/14)
そして、2/7の旧正月となんやかんやで正月気分が抜け切れそうもありません。  

こうして始まった2008年(平成20年)ネズミ年ですが、
今年も何卒よろしくお願い致します。

そして、
皆様にとって
わくわく、にこにこ、すばらしい年になりますように!!
[PR]
by kazemaru-go | 2008-01-07 20:43 | いただきます。

夏の終わりを感じる果物

「もう、夏も終わりだなぁ。」と
私に感じさせる果物があります。
それは「ばんしろう」。
グァバと言ったほうがピーンとくる方も多いかもしれません。
8月末頃から実り、この時期ばんしろうを食べないと
夏を締めくくれない気がします。

ばんしろうの葉のお茶は血糖の上昇を抑える作用があり
糖尿にいいらしいですし、
果実はビタミン類、ミネラル分を豊富に含み、特にビタミンCは
レモンの約6倍も含んでいると言うから驚きです。
また、幹をチップにして草木染すると媒染にもよりますが
薄ピンクの上品な色に染め上がります。

幼稚園の頃は
「見張っとけよ~」
と、友達に言って帰り道にある木に登り、
家にたどりつく間に食べる分だけ取って毎日楽しみ、
今は、時期が来ると木のある家に
「ばんしろう実ったんじゃない?ちょうだ~~~い」
と貰って楽しんでいます。

夏に痛めたお肌回復にもう少し頂かねば。  オホホ♪

a0047180_16293665.jpg

           ばんしろうジュースと
           (生のばんしろうのヘタだけ取り皮ごとミキサーにかけ
            カルピスちょこっと入れて出来上がり、らしい。
            これが、また、おいしいっちょ!)
           中の赤い実と白い実。
           赤い実ファンが多い中、私は白が好き。
           と言っても、両方好きで食べてます。
           でも、食べ過ぎると便秘になるから要注意!
[PR]
by kazemaru-go | 2007-09-07 16:33 | いただきます。

果物として

奄美でパパイアと言えば「漬け物」
しょうゆ漬け、味噌漬け、にんにくを入れたもの、
作った人の味でいろいろ楽しむことができます。

私がパパイアを果物として初めて食べたのは
大人になってからでした。
「えっ、黄色く熟してからそのまま食べるの?」
それぐらい変な食べ方でした。
果物の王様と言われる「ドリアン」と同じくらい
初めての味は臭くて、異様でこんなの食べられるもんじゃない、でした。
「レモンの汁をかけるとおいしく食べられるよ」と教えてもらってから
食べられるようになり、今では大好きな果物の一つですけど。

漬け物はもちろん、炒め物、刺身のつま・サラダなど生として
食べ方はいろいろあるけれど、今回、黄色く熟したパパイアをもらったので
ヨーグルトに入れて食べてみました。

a0047180_14564847.jpg

           人の庭にたくさん実っているパパイア。
           普通の野菜、果物は収穫時期があってそれを逃すと
           まだ、早すぎたり、遅すぎたりしますが
           緑色の時期から黄色くなるまで
           食べたい時に収穫して、その時その時の
           楽しみができるっていいですよね。

a0047180_1457675.jpg

           冷蔵庫にあったアロエヨーグルトの中に入れて
           冷やして食べたら、おいしかった!!
[PR]
by kazemaru-go | 2007-06-20 15:03 | いただきます。

久しぶりの再会

嬉しい、嬉しい、再会がありました。
再会したのは
a0047180_1549183.jpg

北海道の江別市にある小林牧場の牛乳。
奄美市内のスーパーのチラシを見て、あれ?と思って購入してきたんです。
(12/27 1日限定発売)

学生の頃、「酪農体験したい!」と思いつき、
いろいろな会社に
「泊まる所と食事つきで、どこか手伝わせてくれる所はありませんか?」
と、お願いの手紙を出しました。
「いいですよと言ってくれる農場がありましたので、紹介しましょう」と
言ってきてくれた会社が1件あったのですが、
その受け入れ先が小林牧場だったのです。

見も知らずの、どんな人間かも分からない私を
気持ちよく引き受けてくれた小林さんご夫妻。
本当に感謝、感謝でした。
餌やり、牛舎の掃除、子牛との出会い、畑仕事などなど
朝早くから夕方、日によっては夜まで
大変だったけど、毎日が楽しく、貴重な体験をさせてもらいました。

広々した牛舎、広場でこだわりの餌を食べ
のびのびと大切に飼育されていた牛達を思い出します。

その北海道の牛乳が奄美のスーパーで限定とはいえ買えるなんて。
チラシを見たときは驚きましたね。
買った牛乳には小林さん家族の写真が載っていたので
もう、絶対間違いありません。
本当に本当に嬉しい、思いがけない再会でした。


買ってきた牛乳と飲むヨーグルト

 ○脂肪分が高い牧場自慢の『さわやか牛乳』
   品質保持とコクの2点をバランスさせた、85度30分殺菌のノンホモ乳。
   クリームが浮くので、ボトルを振ってから飲むと牛乳本来の風味がします。

 ○『のむヨーグルト』
   防腐剤や安定剤、香料などは一切使わず、同牧場の生乳の力を
   引き出しています。
   ゴクゴク一気に飲める混じり気のなさが人気の秘密ですね。

と、他のサイトに紹介されていました。
チラシのキャッチコピーは
「本物のおいしさをお届けします。」だったんですけど、
まさに!!という感じです。

おじちゃ~ん、おばちゃ~ん、元気ですかぁ~~~~!!ヽ(^o^)丿
[PR]
by kazemaru-go | 2006-12-27 16:18 | いただきます。

ちょっと遅い食欲の秋の話、ゲットー2

前回に引き続きちょっと遅めの食欲の秋の話。

昨年不作だったシイの実、今年は木によってはかなり実っています。
シイの実はイタジイまたはスダジイと呼ばれる木になる実。
(南西諸島のものはオキナワジイと言われることもあります。)

図鑑にはスダジイと紹介されているものが多い気がしますが
濁点が2箇所にあってスマートな響きがしないので
イタジイという言い方が私は好きです。

イタジイは本州(福島、新潟県以西)以南に分布する常緑高木。
雌雄別々の花が同じ木に咲きます。
今年の春咲いた花は来年の秋にしか実らないんですよ。
奄美の山は最終的にイタジイが多くを占めるようになって
いい森になるんです。

シイの実はたくさんの動物達の食料になっているので
その年の出来によって動物達の繁殖、数、分布などに
かなり影響を与えます。

a0047180_1719342.jpg

             ルリカケスの食痕。
             まだ殻斗(実を包んでいる殻)が開く前に
             先だけを突付いてよく食べているようです。

a0047180_17235320.jpg

               アマミノクロウサギの食痕?

a0047180_17252922.jpg

            私の食痕。
            失礼しました。m(._.*)mペコッ

            いやいや、あっさりめの味なんだけど
            これがまたおいしいんだなぁ。
            フライパンで乾煎りしてシイの実が割れたら
            火を止める。たったこれだけ。
            冷えると硬くなって食べられないので
            「あっつ~」と言いながら、手が痛いのを我慢して
            殻を割り、集中して食べるのがコツです。


と言うわけで、いろいろな動物達が食料としている
おいしい、おいしいシイの実でした。            
[PR]
by kazemaru-go | 2006-12-08 17:39 | いただきます。

ちょっと遅い食欲の秋の話、ゲットー1

昨夜は今年最後の満月でした。ご覧になりました?
出始めの頃は雲ひとつなくとてもきれいだったんですけど。

昨日今日は少し暖かいですが
随分寒くなりました。だんだんと冬らしくなってきてますね。
皆さんは今年の秋、どう楽しみましたか?
私はなんと言っても食欲の秋!満喫しました。

2005年12月19日に投稿した野生版キーウィフルーツ、
クガことシマサルナシやっとゲットしました。
ちょっとすっぱめだったけど、やっぱりおいしい~!!

a0047180_10113771.jpg

大きさは親指とひさし指で丸を作ったくらいなんだけど
キーウィフルーツと見た目変わらないでしょ?

a0047180_10131453.jpg

そのまま食べてもいいんだけど
こうやって、ヨーグルトに入れるとまたいいんです。
ねっ、おいしそうでしょ。
まだ、場所によっては実っているはず。
今年は冬鳥多い感じがするからちょっと難しいかな?
いやいや、探すぞ~~~!!
[PR]
by kazemaru-go | 2006-12-06 10:17 | いただきます。

黒糖焼酎使用

台風が近付きつつある奄美です。
まだ、あんまりそんな感じはしないんですけどね。

台風が来ると奄美では物資の供給がストップしてしまうので
生鮮食料品、牛乳などすぐなくなってしまいます。
なくなる前にと、これらを買いに天気予報を見ながら走るわけですが、
今度の台風は奄美を過ぎたあたりからスピード上げそうなので
棚が空っぽまではいかなくてすみそうです。
ただ、やはりいつもの癖で買い物に出てしまった私。
行ったお店のお酒コーナーでおもしろいものを見つけました。

a0047180_1738135.jpg

これは、メルシャンが出しているチューハイ。
缶をよく見ると「奄美産黒糖焼酎使用」と
大きく書かれているではありませんか。
「えぇ~!、メルシャンがぁ~?」
奄美もメジャーになってきたなぁ。
奄美以外で黒糖焼酎作ることは出来ないけど
こういう形で大手が使用してくるとは。
パッションフルーツ味、シークワーサー味、ピンクグレープフルーツ味の
三種が店頭に並んでいました。
味は、フルーツの味が濃いし、
多分飲みやすい焼酎を使っているせいかもしれませんが
黒糖焼酎という感じはあまりしませんでした。
あっという間に1本飲んじゃいまいたけど。(2本は冷蔵庫の中です)

奄美のもの、奄美という名前で物が売れる。
凄いことだ!!
奄美に住んでいる人は「仕事がない」とぼやいている人が多くいるんですけど
自分達で奄美ブランドを売っていってもっと仕事を作れるんじゃないかと
このチューハイを見ながら改めて思いました。
[PR]
by kazemaru-go | 2006-09-16 18:06 | いただきます。

雑誌の世界

台風が通り過ぎ去ってからはぎらぎら太陽が顔を出している奄美です。
皆さんお元気ですか?
テスト運行第一弾。

7月1日に書き込みした知人の家に今日遊びに行ってきました。
もちろんピザを食べるために!
ピザのおいしさはもちろんだけど、ホントいい生活していました。
「田舎暮らしを思いっきり楽しむ」なんていう
雑誌の特集に出てくるような世界。
昔ながらの奄美の家に住み、後ろは山、
坂をちょっと下りるとコバルトブルーの海が広がっている。
畑で小麦やいろいろなハーブ、野菜を育て、ニワトリやヤギを飼っている。
おだやか~でステキな生活。
必要なものを必要な分だけ収穫し、全てのものに感謝しながらの生活。
本来人は特に奄美に住んでいるのなら
これが当たり前の生活だったかもしれない。
忙しく走り回り、便利を追い求め、
物が溢れているのが普通になってしまった私達。
それを求めたために、忘れていた、なくしてきたものが
そこにあった気がしました。
本当にステキな時間をありがとう。
a0047180_2235846.jpg

        以前にも紹介した手作り窯。
        温度が上がるため10分でピザが出来上がります。
        

a0047180_2251661.jpg

a0047180_2253072.jpg

        焼いてもらったトルコ風ピザ。
        家で作った小麦や野菜入り。
        外はカリカリ。中はとろり~ん。
        外は暑いから家の中で食べたほうがいいかもと思っていたんだけど
        大きなみかんの木の木陰は風もそよそよ吹いていて
        そういう中での食事はまた最高でした!
        島の夏の直射日光は痛いんだけど、
        ちょっとした木陰に入るとこれがまたいいんだなぁ~!
        おいしかったので猫舌なのを忘れてぱくついていたんだけど
        しっかり口の中やけどしてました。家に帰って気付いた。(´m`)

a0047180_2213041.jpg

         ピザ作りに挑戦する一緒に行った友達。
         いろいろコツを教えてもらいながらやったんだけど
         なかなか上手。
         私もやったのかって?
         もちろん私は食べるの専門!!

a0047180_22152561.jpg

         具の違うピザを8枚も焼いてくれてそれを食べ
         さすがにお腹いっぱいだったんだけど
         〆のデザートの分はしっかり別腹。

a0047180_22195497.jpg

         帰りにちょっと家を覗かせてもらいました。
         あぁ、昔のまんまなんだぁ。
         今まで博物館でしか見たことがなかったような台所。
         毎日、薪をくべて食事を作っているんだって。
         作られた最近流行のスローフードじゃなくて
         こりゃ本物だぁ!
         今度は別のものを食べにお邪魔したい。
         いやいや、絶対行くぞぉ~~~~~~!
[PR]
by kazemaru-go | 2006-07-18 22:30 | いただきます。