カテゴリ:イベント( 50 )

送り盆

今日は旧暦の7月15日。
奄美の集落のほとんどはこの日が送り盆です。

お墓にはたくさんの人がちょうちんを持って来ていました。
今まで何気に迎えに行って、仏壇に挨拶回りをして、
送りにお墓に行っていたのですが、
今回、ちょっと食べ物に注目してみました。
シマ(集落)によっても、各家庭によっても少しずつ違います。
だから基本はあってもこれが正しいと言うのはないかもしれません。
これは私の伯母バージョンなので本当はもっと
いろいろあるのかもしれませんが、それは宿題と言うことに。


13日、お墓に迎えに行って、その後七夕飾りを降ろす。
    (やっぱり、13日お墓から帰った後に降ろすのが本当のようです。)
    まず、お初の水を供える。

14日朝、おかゆとごう汁(豆の味噌汁)
   昼、ごはん、油そうめん、
      その他豆やらタナガやらイカやら好きなものをお供えする
   夜、ごはん、かぼちゃやっせ(かぼちゃの入った野菜の煮物)

15日朝、ごはん 普通の味噌汁
      その後、赤の椀のお吸い物
    昼、みんなで一緒に食べるものをお供えする。
    送る前、送りご飯 やっせ(竹の子、ニンジンなど入った野菜の煮物)
         この煮物には肉ではなく魚や天ぷらなどのせるそうです。

いろいろな人が拝みに来るので、仏壇のある家は本当に大変です。
私達の世代でこれだけのことをできる人がいるのでしょうか?
できる前に、まず知らないでしょうね。
時代は変わってもちゃんとこういうことは受け継いでいかないといけないなぁ
と思うのでした。

a0047180_2135113.jpg

               14日夜、仏壇に供えた食事

a0047180_21354969.jpg

            15日送る前の仏壇
            所狭しとお供え物や食べ物が並んでいます。

a0047180_21362653.jpg

         15日送る時のお墓
         クワリと米が供えてあります。
         本来はクワリでなくトモジが正しいらしいのですが
         最近は少なくて見つけられないのでクワリを
         代わりに供えているとか。
         伯母がこれはあの世に帰るための通行料よ
         と言っていたのだけど本当なのでしょうか?
         母のシマでは、焼酎の入ったコップでなく
         水の入った湯飲みに葉を1枚入れ
         その葉で水を2回ちょんちょんとかけてから手を合わせます。
         夜は夜で、この世とあの世で踊りくま(踊り競争)で
         八月踊りをします。
         以前は夜通し踊っていたようですが
         さすがに今はそこまでしないようです。

a0047180_2142552.jpg

              お墓の前に敷かれたサンゴのかけら

a0047180_21425220.jpg

         お墓のところから、私の行きたい行きたいと思っている
         横当島がはっきり見えてました。
         (三つの内、左二つが横当島の山)  
[PR]
by kazemaru-go | 2007-08-27 21:55 | イベント

みんな帰って来られたかなぁ

亡くなられた方がちゃんと家に帰ってこられるように
目印として飾られるといわれている七夕飾り。
今年の旧暦7月7日(七夕)は8月19日でした。

七夕の前日はあちらこちらで竹を担いで歩いている人を見かけ
なんか嬉しくなりました。

七夕の楽しみはきれいな飾り付けを見ることと
子供達の書いた短冊覗くこと。
さすがに各家の短冊見ることはないけど
図書館やスーパーなど行った時にちょこっとだけ見ちゃいます。
微笑ましくて、クスッと笑えるものが多いんです。

皆さんは短冊に何のお願い事を書くのでしょう。
私が小さい頃、必ず書いていたことがあります。
それは
「空を飛べますように!」
でした。
本当は鳥のように自由に飛び回りたかったのだけど
どらえもんの「タケコプター」のように人力でなくても
ムササビのように滑空するだけでも
とにかく足を宙に浮かせた状態で移動できるようになりたかった。

いつものようにこのお願い事を書いたある七夕の日
私は夢を見ました。
神様が
「そんなに飛びたいか?
 それなら、明日、登り棒のてっぺんからジャングルジムのてっぺんまでだけど
 飛べるようにしてあげよう」と。
嬉しくて嬉しくて、学校に行って早速登り棒に登って飛びましたね。
結果は飛べずに跳んだだけ。
その日1日「おかしい!」と考え込みました。
諦め切れない私、小学校卒業するまでこのお願い事を書き続けました。

今思えば、「そんな馬鹿なこと」だけど、あの頃は信じてた。
大人になって現実がわかってくると、とかく諦めが早い。
諦めるからそこで終わってしまう。
たまには「そんなこと」を願い続けることも大切かもしれない。
だって、そのほうが人生、より楽しくなると思いませんか?

今日はお盆の入り。
七夕飾り目指してみんなちゃんと帰って来られただろうか。
家でごちそうに舌鼓を打っている祖父母や伯父が
「まだ挨拶にこんが(来ないね)」と
言っているかもしれないなぁ。

a0047180_1810126.jpg

             アーケード街では子ども会などで作った
             たくさんの七夕飾りがあがっていました。
[PR]
by kazemaru-go | 2007-08-25 18:15 | イベント

アーケード街祭り

昨日の、アーケード街の祭りはほんと賑やかでした。
いろいろな団体が参加していて、久しぶりに
活気のある様子を見、嬉しくなりました。

a0047180_13381515.jpg

        大島高校の応援団。下方地区の応援様子。
        他に、金久地区、伊津部地区のみんなも来ていました。
        女の子も男の子もかっこいいんじゃがね。
        久しぶりに応援の様子を見て興奮してしまいました。
        応援様子はNHK総合の特集番組で放映されたことも
        あるんですよ。
                    

a0047180_1343547.jpg

            「そうめん流し&モズク流し」も行われました。
            始まると、食べるのに忙しく、その後は
            なぜか、はしごに上がってそうめんとモズクを
            流す係りになってしまったので
            人がたくさん集まっているときの様子は
            撮れませんでした。
            なんで、私が流してるかなぁって感じでしたが
            上から私が流したそうめんをみんなが必死になって
            すくう様子がとてもおもしろかったです。
            追加のそうめん持ってきてくれた人に
            「なんか、生き生きしてるねぇ」って言われてしまいました。
[PR]
by kazemaru-go | 2007-08-13 13:55 | イベント

サンガツサンチ

今日、(あれ、もう昨日だ)4/19は旧暦の3月3日。(節句)
奄美では「サンガツサンチ」と言って
一年間の無病息災を願って潮につかります。
以前は学校休んだり、役所でも昼から
必要以外の人は休んで海に行ったものなんだけど
最近はどうなんだろう。

この日、昼間潮がかなり引くので(今日は最干潮時-19cm)
フチモチ(よもぎもち)とお弁当を持って
毎年、潮干狩りに行くの楽しみだったんですよね。

潮干狩りといっても本土のように砂浜でハマグリや
アサリを獲るというよりも
海岸からリーフまでサンゴが出てくるので
普段は海の中であるそこを歩いて貝を探したり、
リーフエッジや所々深くなっている所で釣りをしたりするんです。
これがめちゃくちゃ楽しい!!
a0047180_014159.jpg

         今日の最干潮時間は14時19分。
         写真を撮ったのは10時50分頃だったので
         3時間半後にはかなりのサンゴが出てきていたはず。
         本当はこの写真撮った場所と違う所で撮るはずだったのに
         先客がいてちょっと残念でした。

a0047180_0182852.jpg

           サンゴのある辺りをアップで撮ってみました。

a0047180_0202054.jpg

  奄美市にある海水浴場の大浜には駐車場が大きく分けて4つあるのですが
  写真の駐車場に停める人たちの目的はたいてい釣りや貝拾いかキャンプ。
  普段はがらがらなのに、平日にもかかわらず、さすがに今日は満車でした。

a0047180_0225460.jpg

           海に繰り出すイショシャ(貝や魚を獲る人)

a0047180_0251648.jpg

         今日、もらったお弁当、一人分。
         家族で行く時は大きな重箱などに
         もっともっとたくさんのお弁当を詰めて行きます。
         (フチモチは既に食べ終わってお腹の中)


東京からUターンする日もこのサンガツサンチに合わせて戻ってきたほど
大好きな行事だったはずなのに
実は、今日教えてもらうまで、すーっかり忘れていました。
海が年々遠くなってるなぁと(せっかく奄美に住んでいるというのに)
ちょっと寂しい思いをしながら写真だけを撮ってむなしく帰ってきた私でした。
あぁ、やっぱり釣りに行けばよかったぁ。もの凄く後悔(-_-)
[PR]
by kazemaru-go | 2007-04-20 00:40 | イベント

第14回オオトラツグミさえずり調査

奄美は新緑のきれいな季節になりました。

毎年恒例のオオトラツグミの一斉調査が終わり
ちょっと気抜け状態の私です。
中央林道を一斉に調査した3/18には
今年も100名を越えるボランティアの方々が集まってくれ
過去最高の78羽のさえずりを確認できました。

私は人数の関係で誰の陰謀か急遽スタルマタ班を率いることになり
高校生を中心に調査をしました。
「班長なんて、しかも手伝ってくれる人もいないから、いやだ~!!」
と、大騒ぎしていたのですが、終わってみれば
なんとスムーズに事が運んでいたことか。
初めて調査に参加してくれる人でほとんど組を編成したのに
少人数だったことと、優秀なメンバーに恵まれ余裕綽々の班長仕事でした。
スタルマタ班は中央林道の重複も含め10羽の確認でした。

何事もなく今年も無事大きな行事が終わったことと、
これからの奄美を担っていくであろう、高校生の参加、
大好きなオオトラツグミのさえずりをたくさん聞けたことで
幸せに酔いしれながらの投稿でした。
(今日は朝の調査も夜の調査もお休みで
のんびり仕事しています)

a0047180_2291730.jpg

            地元では5回以上、島外では3回以上
            参加した人に配られたThanks goods

a0047180_22141615.jpg

           3/21に調査した旧三太郎峠から。
           夜が明けて調査が終わったので写真を1枚。
           木々の隙間から見えた住用の内海。


昨年のこの時期、へろへろ状態だったのに
今年は異常なくらいまだまだ元気。
4月初旬まで続くオオトラツグミのさえずり調査、
同時に行われているアマミヤマシギの調査
早朝の調査、夜間の調査とめちゃくちゃな毎日ですが
まだまだ楽しめそうです。

オオトラツグミの調査の詳しいことは昨年3月の投稿をご覧下さい。
[PR]
by kazemaru-go | 2007-03-22 22:19 | イベント

友達と遊んだ3日間

昨日まで、学生の頃の友達が奄美に来ていて、
あちらこちらと遊びまくっていました。
行くねぇ、とは昔から言っていても、遠くてなかなか来れなかったけど
やっと実現しました。

a0047180_1461347.jpg

             奄美空港に到着した友達3人


a0047180_147861.jpg

       只今、最盛期の黒糖作り。
       絞ったばかりのサトウキビジュース、出来立てほやほやの黒糖と
       いろいろ味わえました。


a0047180_1491799.jpg

        かっこよく、マングローブでカヌーを漕いでいるH美。
        行きはよいよい、帰りは流れが速い中、
        川を上って行かなければならず、みんなかなり苦労しました。

a0047180_14105976.jpg

           帰る頃には潮が引いていて、浅くなりすぎ
           カヌーの底がつきそうでもう大変。
           必死で浅瀬越えをしているN美。

a0047180_1413855.jpg

         昼ご飯を食べた大浜海岸。
         2月と言うのにかなり日差しが強かった。
         陽が強すぎて、顔が暗くてよく分からないY子。
         だからブログに載せられたってことで許してちょ。

a0047180_14171679.jpg

         私はこれを見て普通に「名瀬幼稚園」と読んで
         不思議にもおかしくも思っていなかったけど
         初めて見た友達「何故?幼稚園? みたいね。」と
         盛り上がっていた。
         あっそうかぁと、今日写真を撮りに行ってしまいました。

いろんな所に行きたかったけど、時間はあっという間に過ぎ、
計画通りにはいかず、北部だけでさえ行けなかった所がまだありました。
そこと南部、やってないことはまた次回と言うことで。
海岸・森の散歩、夜の奄美体験、島唄などなど
思いっきり楽しんだ3日間でした。        
[PR]
by kazemaru-go | 2007-02-26 14:32 | イベント

クリスマス

昨夜はクリスマスイブ。
近いと言うだけの理由でカトリック系の幼稚園に通っていたのですが
それ以降、ほとんど縁がなかったキリスト教。
今まで、お祭り騒ぎでクリスマスを過ごしてきたのですが
昨夜はなんとなく「ミサ」ってどんな感じなんだろうと
教会に行ってきました。
ハンドベルの演奏で「きよしこの夜」を歌いミサは始まりました。
(題名も歌詞も違ってたなぁ)

奄美は思った以上にキリスト教徒が多い。
薩摩に支配されて以降、苦しい生活が続く中にも
安らぎと救いを求めキリスト教徒が増えていったと聞いたことがあります。
キリストの2006回目の誕生を祝うと言うより
(言われてみたら当たり前なのですが、西暦って
 キリストの誕生からスタートしているんですよね)
夢の中か、映画の中に入り込んで
違う世界を宙の上から覗き込んでいるような気がした教会の中、
大変な思いをした昔の奄美の人のことを想ったり、
周りに座っている人のことを想ったりしていました。
a0047180_10423942.jpg

カトリック系の幼稚園に通っていた私、
「小さいお手手を組み合わせ~♪   こうしてお祈りいたします~♪
 神様、よい子にしてくだ~さい♪」
と、歌っていたはずだけれど、どうなったのやら。(^0^)
[PR]
by kazemaru-go | 2006-12-25 10:50 | イベント

「COLOR OF AMAMI」 別府亮 写真展

今日はちょっと蒸し暑い奄美です。

10月25日から東京原宿で 
「COLOR OF AMAMI」 別府亮 写真展
行われています。
彼は奄美で活躍中の写真家。
日常を切り取った写真なのですが、
どこか懐かしく、心の中がぽっかぽかしてくるような写真。
私も彼の写真のファンなんです。
同じ場所から撮ってみても、何故か別府さんのような写真にはなりません。
東京在住の方、東京に旅行を考えの方、
コーヒーを飲みながらしばし奄美を感じてみませんか?
(東京近郊にお友達のいらっしゃる方も連絡してみてください)

場 所 :BLISS(ブリス  旅行会社ですが中に喫茶店があるようです)
      東京都渋谷区神宮前6-29-2 SUKEGAWAビルB1F
      表参道と明治通りの交差点近くだとか。

開催日 :10月25日(水)から11月25日(土)まで

営業時間: 10:00a.m.-23:00p.m 祝日12:00p.m-18:00p.m  
       (日曜日は定休日)

連絡先 :TEL:03-5766-0300 

この写真展を紹介したブログ(下記をクリック)
   「COLOR OF AMAMI」 別府亮 写真展
 
別府さんのサイト(下記をクリック)
    奄美大島探検マップ
10日~14日は別府さんも15:00~19:00までいらっしゃる予定みたいです。

それから、おまけの情報。
こっそり私が作っていた「どんぐりのキーホルダー」を
写真展会場に置いてもらえることになりました。
ちょっとした奄美物産コーナーもあるみたいなので
覗いてみてちょ♪

a0047180_15131099.jpg

            袋に入れる前のできたてほやほやの
            どんぐりのキーホルダー。
            オキナワウラジロガシのどんぐりで
            長さが4cmぐらいまでなり、
            日本で1番大きくなるどんぐりなんです。

私のキーホルダーを見つけて紹介してくださった奄美の案内人
安田さんのサイトは下記をクリック
安田商店(あまみ屋) 
奄美大好き人間の一人です。
なんだかんだ私が書くよりサイトを見ていただければ
彼の人柄がよく分かると思います。

こういうメンバーのイベントに一緒に参加させてもらえて感謝、感謝。
[PR]
by kazemaru-go | 2006-10-31 15:16 | イベント

我那覇美奈コンサート

昨夜、我那覇美奈のコンサートに行ってきました。
彼女は奄美市出身、デビューして8年になるとか。

今年、4月にリリースされた 5th ALBUM 「風、光る」が
とてもよかったので行ってきたんです。
本人が作詞している曲は奄美らしさがさりげなく散りばめられいるし、
吉田拓郎、尾崎亜美、浜田省吾という
錚々たるメンバーが曲を提供しているアルバムなんです。
ちょっとハスキーな優しい歌い声。
とっても可愛らしいひとでした。

我那覇美奈オフィシャルウェブサイト

a0047180_16262948.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2006-09-13 16:28 | イベント

七夕

テスト運行第3弾

7月31日、旧暦7月7日、奄美は昨日が七夕でした。
お盆も奄美のほとんどの地域は旧暦で行いますが、
各家に上がったこの七夕飾りを目印にご先祖様が帰ってくるそうで
朝はなるべく早く、そして高く上げた方がいいんですって。
 
a0047180_11575.jpg

           近所の家の七夕飾り。
           「こちらですよ~」とでも言っているかのように
           青空の下、高く上げられていました。

夜は雲一つない晴天。
思い付くのが遅く、遠出できなかったので
きれいな星空 とまではいきませんでしたが、
しっかり、天の川と彦星、織姫星を見てきました。
(名瀬の市街地は明かりが多い!)
この天気だと、遠くからでも
ご先祖様は家を見つけられたかもしれませんね♪

皆さんは短冊にお願い事書くとしたら何を書きます?    
[PR]
by kazemaru-go | 2006-08-01 01:38 | イベント