カテゴリ:奄美の風景( 42 )

住用のマングローブ

前回までいろいろなカニのはさみ振りを紹介してきました。
いかがでしたか?
楽しんでいただけたでしょうか?
まだ、紹介したいカニや行動などありますが
それらはまたの機会に。

住用のマングローブにはカニをはじめ
たくさんの動植物が生きていますが、
ここ10年の間でさえ、随分様子が変わってきました。
いろいろ原因はありますが、その一つが砂防ダム。

住用のマングローブには住用川、役勝川と2つの
大きな川が流れ込んできています。
人が住んでいる集落近くの下流域は随分開発しているのは
見ることができますが
普段人目に触れることのないこんな山奥と思えるような、
一見自然がそのまま残っているように見える
中、上流部の支流にも、川によっては「これでもか」と
言わんばかりに1つの支流に砂防ダムがいくつも作られています。

5月の上旬のまだ涼しい頃に支流の一つに行きましたが、
砂防ダムの上流部にはたくさんの落ち葉などが溜まってヘドロとなり
悪臭を放っていました。
本来ならマングローブなどの栄養分になるはずの堆肥です。
畑でいい作物を収穫しようと思ったら、まず土作りをすると思うのですが
今のマングローブでは土作りがまともに出来ていない常態なんです。
本当に泥が少なくなりました。
マングローブはそこにずっと棲み続ける動物はもちろんですが、
川や海にいる動物達にとっても稚魚などが大きくなる場所として
とても大切な場所なんです。

元気そうにはさみ振りを見せてくれているカニ達ですが
本当のところは栄養失調だったり、
棲める場所を追われたりしているのかもしれません。
マングローブの役割などまた話をする機会を作れたらと思っています。

a0047180_018129.jpg

              もの凄く臭かった砂防ダムの上流部。
              黒く見えるのがヘドロ。
[PR]
by kazemaru-go | 2007-05-31 00:24 | 奄美の風景

せっかくですので、マングローブの話

先日、干潟観察会で行った住用のマングローブ。
せっかくですので、マングローブの話でも。

マングローブ(Mangrove)とは、熱帯~亜熱帯地方の
海水と淡水が交わる地域に生育する植物群の総称です。
ですので、マングローブという植物はありません。
奄美で見られるのは、メヒルギ、オヒルギなど。
どの植物を入れるかはいろいろな考えがあるようです。

マングローブの語源ですが、
南米の原住民がマングローブのことを「マンガル」と呼んでいて
それが、ヨーロッパやアメリカに広まるにつれ、
森を表現する単語(グローブ) が付いて、
[マングローブ] の名称が生まれたそうです。
(他にも説があるみたいですが)

汽水域なので、そこに生える植物はとってもユニークなのですが
今回は、そこに棲息している
私の大好きなスナガニ科のカニをまず紹介したいと思っています。

何種類もいますので、徐々に投稿しますね。

「ヘイ!カモ~ン!」のカニ
「OK! まる~~~~!!」のカニ
「アチョー、アチョー、アチョー」のカニ
「はーい、トン! はーい、トン!」のカニ
「つるー、つるー、つってしまう~~~!」のカニなど

なんのこっちゃって感じですが、これはそのカニの特徴。
なんか、楽しそうでしょ。
写真はもちろんですが
エキサイトブログには動画も投稿できるみたいなので
私の撮ったビデオでも紹介しますね。
おもしろ~い、このカニって思っていただければ嬉しいです。
絶対、マングローブ行きたくなっちゃいますよ!

ただ、デジカメの動画機能で撮ったうえに
手持ち、しかももの凄い体勢での撮影、
もちろん、なんの処理もしていません。
ですので、あまりきれいな映像とはいえないので
その辺りはご勘弁くださいませ。

続きは次回。
a0047180_0522585.jpg

               あまり、写真良くないですが
               住用にあるマングローブです。
[PR]
by kazemaru-go | 2007-05-22 00:56 | 奄美の風景

なくなっちゃうのかなぁ

久しぶりに、本当に久しぶりに配田が丘に登りました。

配田が丘とは奄美小学校の裏山の名前。
小学生の頃、目指せ北海道とか言って
低学年は一日に1回、中学年は2回、高学年は3回を目標に
登っていました。
最近、危ないとの理由で登ることは禁止になって
入口の門には鍵がかけられています。

先日、たまたま友達と配田が丘の話になって、それによると
また、登ることが出来るようになったらしいとのこと。
(本当は裏道がいろいろあってどこからでも入れるんですけどね。)
それならと、登ってきたのだけど
草は伸び放題、遊具は使用禁止と随分様変わりしていました。

山の中なのにハブのことは一切考えず藪に入ったり、
赤土でつるつるなのに走り回って何mも滑り落ちたり。
今考えると、よくもまぁと思ってしまうのですが、
親も先生も目標どおりに登りなさいとは言っても
あとはおかまいなし。
わずか10分の休みで走って登ったり、(今では考えられな~い!)
鬼ごっこしたり、敵味方に分かれてまつぼっくりを投げあったりと
たくさんの思い出があります。(思い出話を始めたら何行あっても足りません)
随分登ったのですが、ハブには会ったことないし
大怪我することもなかったんですよね。
(そう言えば、配田が丘ではハブ見たことないですが、
 教室の給食台の下にいたことが1回ありました。)

危ないからと言われたらそれまでなのですが
こんないい山があるのに活用されないのは残念だし
寂しい感じがします。

それに、奄美小学校の校歌にも出てくる配田が丘ですが、
先日も話した「おがみ山ルート」を通すために
なくなっちゃうかもしれないんですよね。
本当に崩す必要があるのでしょうか。
その前に道自体が?のような気もしますけど。

大きな道を造るために配田が丘はなくなるだろうし、
旧港は埋め立て始まるし
奄美は50万都市を目指しているのかもしれません。

a0047180_217465.jpg

        体育館と校舎の後ろに見えるのが配田が丘です。

a0047180_2182443.jpg

         不審者と間違われるといやなので         
         一応、許可を得て登りました。
         イノシシの掘った跡があちらこちらにあり
         季節外れのリュウキュウシロスミレも咲いていました。
         それにしても、すべることすべること。
         こんな所を全速力で走っていたなんて
         恐るべし小学生パワー!         
[PR]
by kazemaru-go | 2007-05-17 21:11 | 奄美の風景

昔懐かし

今日、湯湾岳に行った帰り、
アイスクリームが、どーしても食べたくなって
宇検村湯湾集落に行きました。

時々寄るお店なんだけど、ちょっとした発見があったんですよね。
それは
a0047180_20104224.jpg

この看板。
「昔懐かし昭和」、とか言ってテレビで出てきそうじゃありません?
今時ないですよねぇ。
いい感じだったので、思わず撮ってしまいました。

それから、今日も野イチゴGET。
リュウキュウバライチゴの時期がそろそろ終わりに近付き、
これからホウロクイチゴがたくさん実ります。
a0047180_20164344.jpg

先日撮った写真なのですが、
中央の濃い赤い実がリュウキュウバライチゴ、
左側のオレンジ色のがホウロクイチゴ、
右側の黄色のがリュウキュウイチゴ。
今なら、こんな楽しみ方もあるんですよ!!
おいしそうでしょ。
大満足でした。(^_-)-☆
[PR]
by kazemaru-go | 2007-05-07 20:21 | 奄美の風景

山の中うろうろ-2

昨日に引き続き、最近行った山の話。

入り口は分かっているけど後は未知の世界で
地図とコンパス、勘だけが頼り。
周りは木に囲まれはっきりどこにいるかも分からないので
地図の等高線と実際の地形を想像し照らし合わせながらの
どきどき山歩き。
ちょっと地図を読み間違えたら山に迷うか、
何キロも離れた所に行ってしまうと言うなんともスリル満点の山歩きなのです。

a0047180_11293755.jpg

山の頂上辺りで私達の前に現れたアカヒゲ。
人を見たことないのか、休憩中ずーっと私達の周りを飛び回り
2mくらいまで近付いてきました。
休憩終わり、山を歩き始めてもしばらくついて来ていました。
よっぽど私達が珍しかったんでしょうね。
見ているつもりがしっかり視られていたかも。
多分仲間に会ったら
「今日っちば、むーるだいばんの変な生き物見てんがー。・・・」
(今日、もの凄く大きな変な生き物見たよ。・・・・)
なんて話しているかもしれません。


a0047180_11383374.jpg

人が入らない山と言えばハブ。
長さは1m50cmくらいあったんですが、餌にありついていないのか
ちょっと細めのハブでした。
よくこんな体勢とれますよね。(頭のあたりは地面についてません)
人が同じことをするとなるとどうなっちゃうんだろう。
まず無理でしょうね。
いったいハブの筋肉って・・・・・・・・。


a0047180_114344.jpg

途中、なかなかいい滝つぼを見つけました。
その滝つぼ近くから上流を見るとこんな感じ。

a0047180_11442839.jpg

私が目をつけた滝つぼはこれ。
水深5mはあろうかと言う立派なもの。
夏、ここで泳いだら気持ち良さそうだと思いません?
満開のサクラツツジが滝つぼに枝を伸ばしていました。

泳ぐとして下はどうなっているんだろうと思い行ってみました。
滝つぼのすぐ下は3~4mの小さな滝でしたが
その下は
a0047180_11464010.jpg

この落差分かります?
20m.近くはあったはず。
泳いだ時、流れに引き込まれ、この滝に落ちちゃったら大変。
泳ぐとしたら命がけだなぁ。
[PR]
by kazemaru-go | 2007-02-21 11:54 | 奄美の風景

山の中うろうろ

久しぶりの更新となりました。お元気ですか?

最近の私は、人のあまり行かない山をうろうろしていました。
せっかく奄美にいるので行った所ないくらいにしたいですからね。

a0047180_13104328.jpg

沢にはたくさんのクロウサギの糞がありました。
糞のあった石の下は、2~3mくらい落ちていました。
こんなにぎりぎりのところで用を済ませなくても・・と思っちゃいますよね。


a0047180_13131678.jpg

たくさんの小金を抱え込んでいそうなコバンモチの木の根。
私にも分けてくれぇ~~!!


a0047180_13142364.jpg

秋にたくさんのシイの実がなったからか
山の中でリュウキュウイノシシの痕跡を今年はよく見かけます。
上の写真はイノシシの泥浴び場。
近くのほとんどの木には体をこすり付けて落ちだ泥が付着しています。
イノシシはダニなどがおちて気持ちいいでしょうけど、
私のほうは、見るだけであちらこちら痒くなってしまいます。


a0047180_13242039.jpg

最近山に行くといろんな所でくさい臭いが漂ってきます。
犯人はこのヒサカキの花。
これまたくっさいんですよこの花の臭い。


a0047180_13291139.jpg

昼食時間に、ベンチにしたらちょうどよい木を発見。
これはいい!!と近付いてよくよく見たらなんとハゼノキ
あぁ、危ないところだった。
おいしくおにぎり食べても、
その後かぶれていやな思いしたくないですからねぇ。
それにしても座り心地よさそうだったなぁ。
[PR]
by kazemaru-go | 2007-02-20 13:33 | 奄美の風景

山の凄さ

今年の梅雨明けから、まともに雨が降り続くことのない奄美です。
笠利では水不足が大問題。
名瀬のほうでも12年ぶりに雨乞いをするとか。

a0047180_21172269.jpg

これは名瀬の水がめ、大川ダム。
普通は木が生えているその下まで水がはっていて
ダムからは水が流れ出しているんですけど
さすがに5ヶ月近くも雨がほとんどないとこの状態。
長期予報でも今後雨はあまり期待できないと出ていたから心配ですよね。

こんなに雨が降らないのに
4万人近い人口を抱えた名瀬では給水制限も断水もないのは何故か、
考えたことあります?
a0047180_212278.jpg

これは、大川ダムに流れている川の一つ、金作原の川です。
長い長~い間まともに雨が降っていないのにもかかわらず、
源流部の小さいこの川は今でも水が流れています。

今年の梅雨は、信じられないぐらいの大雨が続きました。
その時、山は水を一気に流すことなく、山に留めました。
そして、蓄えた水を雨が降らない今でも徐々に流し続けているのです。
名瀬の水がめの大川ダムは金作原をはじめ
広大なとてもいい森を持つ川の下流に位置しています。
山が水を供給し続けているから、私達はあまり心配することなく
水を飲み、使うことが出来るんです。

大雨の時は水を留め災害を防ぎ、渇水の時は蓄えた水で私達をまたまた
助けてくれている。いい森を持った山って凄いなぁ。
何も語らない山だけど、多くの事を私達のためにやってくれているのです。

山よ、ありがとうね。

(週間天気予報では明日からしばらく雨マーク。
 今後、心配しなくて済むぐらいの雨が望まれます。)
[PR]
by kazemaru-go | 2006-11-17 21:52 | 奄美の風景

南をぐるっと

秋晴れの気持ちのいい天気が続いている奄美です。
昨日は久しぶりに昼間の奄美南部をぐるっと回って来ました。

a0047180_1521113.jpg

       大島海峡を高台から。
       海岸線はとても入り組んでいて海上にいると
       本島側なのか加計呂麻島側なのか見当がつかず
       迷子になってしまいます。

a0047180_15244239.jpg

      旧日本陸軍が建設した観測所。
      大島海峡に入ろうとする射撃目標の方向と距離を測定し
      山陰に設置された砲台に連絡する役割を担っていました。

a0047180_15274347.jpg

観測所の中から大島海峡入り口を眺めるとこんな感じです。
ここ大島海峡と小笠原の父島を太平洋上における海軍の重要な戦術基地として
位置づけ、基地を防衛するため陸軍の要塞基地をつくったんです。

a0047180_15323297.jpg

              奄美大島南西の端、曽津高崎。

 
a0047180_15331256.jpg

           曽津高崎の灯台には砲弾跡が残っています。

a0047180_15341358.jpg

       曽津高崎灯台近くにいるヤギ。
       「わぁ、ヤギだ。」

       さて、この文章、どんな感じで読みました?
       ヤギを見られるなんて嬉しい!かわいいね。
       と喜ぶように読んではいけません。
       ヤギは家畜動物。人がちゃんと管理しなくては。
       長い間、たくさんのヤギが放されているため
       植物は食べつくされ、地肌が露出してしまって
       あちらこちらで崩落が起きていました。
       先程の文章読む時は、眉をしかめて読むのが正解です。

a0047180_15485651.jpg

       海が透き通っていてとてもきれいでした。
       一緒に行った知人は以前この近くで
       40kg近い大物のアラを釣り上げたそうです。
       確かに、大きい魚がうようよいそうな雰囲気が・・・・。

今日で、ブログ始めてちょうど1年。
ぱちぱち。 アリガト\(^^\)(/^^)/アリガト
早いものですね。
これまでお付き合いいただきありがとうございました。
最近、なかなか更新できないブログですが、
よーりよーり(ゆっくり、ゆっくり)、やっていきたいと思っています。
これからもよろしくね♪
[PR]
by kazemaru-go | 2006-10-19 15:52 | 奄美の風景

隠れたスポット

あぁ~~、昨日は本当に気持ち良かったぁ!!
4年ぐらい前から行きたい、行きたいと思っていた滝つぼに行って
泳いできたのだぁ~~~!!
日中、うだるような暑さでもなくなり、時期的に
ちょっと遅いかなぁと思ったりもしたのですが
どうしても行きたくなって・・・・・・・・。

滝自体は小さいのですが、滝つぼは幅約10m.
深いところは深さ約2.5m.となかなかのもの。
太陽の光を求め、岸から伸びた木々が日陰を作り、
ところどころ差し込む木漏れ日の中
天女のように水浴びするのが夢だったんですよね。
あまりの気持ちよさにクロールで泳いだり、潜ったりと
どう見ても天女とはいかなかったんですけどね。

実はこの滝つぼ、国道沿いにあるんです。
ほとんどの人は知らないだろうなぁ。
こんないいところがすぐ近くにあるのに。
知る人ぞ知る、隠れたスポットなのです。
a0047180_12365856.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2006-09-03 11:11 | 奄美の風景

今日の奄美

残暑お見舞い申し上げます。

皆様、残り少なくなってきた夏、いかがお過ごしでしょうか。
私は久しぶりに土盛海岸に行ってきました。
家族2組、カップル1組。
もし、今日泳ぐのが目的なら
「わぁ、人が多い。場所がえ場所がえ。」
と、別の所に泳ぎに行ったかもしれません。
なんと贅沢なのでしょう。
「プライベートビーチ」これが奄美では当たり前。
夏休み最後の土曜日の話。

a0047180_15301030.jpg


a0047180_15303546.jpg

       右端の雲の下が黒く見える場所は
       今、スコールが降っています。
       雨が強いので、近くの海上だと
       雨のカーテンがはっきり見えることでしょう。
       船に乗っていたら、雨がこっちに向かって来るぞ
       逃げろ逃げろなんて会話してるかもしれません。
       (船をとばして雨から逃げるのっておもしろいんですよ。)
[PR]
by kazemaru-go | 2006-08-26 15:34 | 奄美の風景