南西諸島生物多様性評価プロジェクト報告書

*******************************************
昨年12月15日、WWF(世界自然保護基金)ジャパンが、
南西諸島生物多様性評価プロジェクトの調査報告書集と、
南西諸島における生物多様性の保全上重要な地域を示した地図を発表した。

このプロジェクトは2006年から2009年までの3年間にわたり、
南西諸島の自然環境の現状を評価し、地理情報システム(GIS)を用いて、
哺乳類、サンゴ類、自然林、自然海岸など、多様な生物群・生息環境の視点で、
生物多様性優先保全地域を抽出したことが最も大きな成果である。

2010年1月から国際生物多様性年が始まり、10月には名古屋市で、
生物多様性条約第10回締約国会議(CBD-COP10)が開催される。
日本は議長国として2010年から2年間、国内外の生物多様性の保全と
持続利用を確実に進める役割と責任を負うことになる。

今回のプロジェクトの結果をもとに、BPAに占める保護区の割合を見たところ、
奄美諸島の陸域と沖縄諸島の海域では共に10%ほどである一方、
八重山諸島の陸海域では70%以上が保護区となっており、
地域により保護区設定の落差が大きいことが明らかとなった。

WWFジャパンでは、県・市町村に対しては、生物多様性基本法に基づいた
南西諸島の「生物多様性地域戦略」の早期策定を、また政府に対しては、
奄美・沖縄地域の振興開発計画における生物多様性分野への予算化を
働きかけていく。
(WWFジャパン WEBサイト 記者発表記事より)
*******************************************


GISだの生物多様性地域戦略会議だの難しい言葉があって
かかわりがない方にはちょっとわかりにくいかもしれません。

ようは、南西諸島の哺乳類、鳥類、・・・・サンゴ類などの
指標と思われる種を選んで生き物マップを作り、
重要地域などを抽出した地図と報告書ができました。
重要な地域が多いにもかかわらず、法的に保護されているところが
少ないのでみんなで守っていきましょう。ということなのです。

大学、研究所などのない奄美では情報が乏しく、このプロジェクト
私たちもお手伝いしました。

奄美では調べられていることが本当に少なく、データ不足から
重要地域から外れているところも実は結構あるんです。

せっかくの報告書なので世界自然遺産登録を目指す奄美のより多くの方にも
見ていただけたらと県立奄美図書館に2冊寄付してきました。
(2月中には瀬戸内町の図書館にも持っていく予定です)
興味のある方は是非手に取ってご覧ください。

このプロジェクトの詳しいことを知りたいという方は
WWFジャパンのWEBサイトを見て下さい。
奄美図書館で実物見られないという方もこのサイトでPDF版を
見ることができますよ。

詳しく知りたい方は下記をクリック
WWF南西諸島生き物マッププロジェクト  ← クリック
a0047180_2134387.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2010-01-23 21:38 | その他
<< 徳之島行って来ました-1 18日なので引きあげました >>