ホトトギスはキュウリ味

皆さん知ってました?
鳥のホトトギスってキュウリの味がするんですよ。
スライスして醤油で食べると鳥肉なのか野菜なのかわかりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

そんなこと本当にしていたら鳥獣保護法にて
私の手は後ろに回ってしまいます。

実のところは植物のホトトギスの話。
この植物の名前、花の斑点が鳥のホトトギスの胸の模様に似ていることから
きているらしいので、鳥と関係はあるんです。
奄美には自生していない植物で、今回人の庭で見つけました。
a0047180_024397.jpg

庭に入らせてくださいと許可を得て撮った写真。


かわいい花なんだけど、よくよく見ると興味深い形をしているんです。
a0047180_0352244.jpg


雌しべは3つに分かれ、先がさらに浅く2つに分かれることで
それぞれがカタツムリの目に見える。
雄しべは外側に曲がり、下に向けることによって
ハチなどの背中に花粉を付ける仕組みになっているらしいのだけど、
太く長い花柱から出ている姿は遊園地の乗り物に見えてしまう。
(この写真じゃわかりにくいんですけどね)

同じように面白いのが花弁の基部。
a0047180_0555725.jpg

花のスタンドみたいですね。
属名のTricyrtisは「3つの距」という意味で
花の基部に3つの距ができるところから付けられたらしいのですが、
属名になるほど興味深いものだったんですね。
(距キョとは、花びらやがくの基部にある袋状の突起のこと)

話は最初に戻って、
知人にすすめられ食べた花、本当にキュウリそのものなんです。
チャンスがあったらぜひ味見をしてみてください。

最後に余談。
ホトトギスのこと調べていたら、いろんなところに花言葉が出てきたので
ここでも紹介しますね。

「秘めた想い」
「永遠にあなたのもの」

ん~~~~~~。
なんかすごい。
[PR]
by kazemaru-go | 2010-01-17 01:11 | 植物
<< 18日なので引きあげました ナリムチ >>