皆既日食

皆既日食、終わっちゃいました。

7月のこの時期の奄美と言えば「天気、曇or雨」なんて
台風以外ほとんど考えられないのに
なんでまた皆既日食の日に曇るんだよ~~!!

曇っていて残念ながらダイヤモンドリングは見られませんでしたが
それでも壮大な自然現象には感動しっぱなしでした。

欠け始めからしばらくするとだんだんと涼しくなり、
ぐぐっ、ぐぐっと暗くなってくるのがはっきりとわかりました。
暗くなり始めたころは、カラスやメジロが鳴いたり、
アジサシも鳴いて飛び回ったり少し反応していましたね。
一番反応していたのは私たちだったような気もしますが・・・・。

今回の皆既日食ではいろんなことが感じられました。
あればっかりは体験してみないと言葉じゃ表しきれません。
今回体験した方は何を感じたでしょう。
体験できなかった方は、体験できるものなら是非したほうがいいですよ。
皆既とそうでないのとでは太陽の隠れ具合は大差ないような気がしますが
全く別物です。

曇っていて太陽の変化はほとんど見られませんでしたが、
私たちの周りの様子を写真に撮りましたので紹介しますね。

a0047180_0203582.jpg

欠け始めて10分過ぎたころ。
この時はまだ、日食グラスで太陽が欠けていることが確認できていました。

a0047180_0255834.jpg

皆既日食約5分前。

a0047180_027171.jpg

皆既日食約2分前。

a0047180_0293593.jpg

皆既日食中。
ビデオ撮ったのですが、このブログではアップできなくなったみたいなので
下から3枚は周りの様子を紹介します。

a0047180_0324443.jpg

皆既日食中。定点写真の少し北側。(定点写真は方向としては西にあたります)
こちら側はかなり暗くなっていました。

a0047180_0342663.jpg

皆既日食中。定点写真の南側。
青空が広がってきたんじゃないかと勘違いするほど
空が青くなってきていました。

a0047180_036321.jpg

皆既日食中。本当はこの辺りに太陽があったはず。

a0047180_0382551.jpg

皆既日食終了ごろ。だんだんと明るくなってきているのがわかります。

太陽見えないでこれだけ感動するのですから、
見えていたらどんなだったでしょうね。
チャンスがあったらダイヤモンドリング見てみたいですね。
手をかざして、指にもはめてみたいですし。

新聞によると日本で皆既日食見られたのは1963年以来46年ぶり。
この後見ることができるのは26年後の2035年。
地球上の同じ位置で皆既日食が見られる確立は三百数十年に1度らしい。

そう考えると生きている間に、それも住んでいる奄美で
この天体ショーを体験できたということにほんと感謝したいと思います。

早めに投稿する予定が、当日は力尽きてダウンしてしまいました。
ちょっと乗り遅れた感じもしましたけど、お付き合いありがとうございました。
[PR]
by kazemaru-go | 2009-07-24 01:22 | イベント
<< 稲刈り 皆既日食前日の様子 >>