気をつけよう!スズメバチ

気持ちのいい季節になりましたね。
食べるのも、寝るのも、遊ぶのも何でもござれ。
あまりにもいい天気だったのでちょっとドライブに行ったら
花粉(?)蜜(?)を集めるためか、花から花へ飛び回っている
コガタスズメバチにあいました。
a0047180_20424940.jpg

何匹も来ていたけど、近くに巣でもあったのでしょうか?
この時期かなり大きくなっているはずなんですけど。
(コガタスズメバチの巣は2005/11/12のブログ参照)

体長は2~3cmと奄美では大き目のハチ。攻撃性はあまり強くなく
巣もかなり大きく目立つのでこのハチにやられることはまずない!
と、思っていた。
「いた」、ということは、そう、やられてしまったのよ9月末に。(T^T)
草刈していたら20~30匹のハチがいきなり飛んできて
急いで逃げたけどそのうちの2匹がブスッと針を差し込んだ。
痛いのなんのって、もう大変。
刺されたことのある人が寝込んだとか、目の前がちかちかしたとか
言っていたので大急ぎで毒を吸引してその場は何とかしのいだが、
刺されたときよりその日の晩がもっとひどかった。
熱もって、皮膚はこれ以上伸びないんじゃないかと思うくらい
腫れてきたもんだから、痛さのあまり一睡もできない。
動悸、息切れ、寒気がきたら救急車なんて思いながら、一晩中唸ってました。
他のハチに刺されても、夜にはすっかり忘れてしまうぐらい平気なのに
コガタスズメバチともなるとさすがに違う。
ハチは黒いものによってくるので普通、頭・顔とかやられやすいのだけど
この時はたまたまタオル巻いていて攻撃受けたのが親指だったから良かった。
あの腫れ具合から、もし顔をやられていたら、
「うらめしや~~~~」と
夜な夜な徘徊するのにちょうどいい感じになっていたかも。
(腫れは1週間くらいで引いたけど傷跡まだ残っています。)
腫れた時の手の写真撮ったんだけど気持ち悪いので
アップするのはやめときますね。ハチにはほんと注意!!

ハチの危険性については2007/7/11のブログで紹介しました。
その時検査をした方がいいかもって話しをしましたが
病院で血液検査をしてもらうと、ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチ3種の
蜂アレルギー検査の結果を下記のような判定基準で教えてくれます。
a0047180_21292184.jpg

特異的IgE抗体価、0.34UA/ml以下だと陰性(レベル0)。
0.35~0.69UA/mlだと擬陽性(レベル1)。
それ以上だと陽性でレベルが2,3,4と上がっていくわけです。
私の場合、
昨年の検査で特にスズメバチあんまりいい結果とはいえなかったからなぁ。
今回刺されたことでまたレベルが上がってしまったかも・・・・・・・・・・。
どうしよ。

ハチに刺されて大変な状態になる時持っているといいのが「エピペン」
a0047180_21421234.jpg

上のほうのは練習用で下が本物。
キャップをはずして使用します。
a0047180_21434098.jpg

エピペンには薬剤(アドレナリン)と注射針が内蔵されているので
右側の絵のように注射器の先端を太ももの前外側に押し付けて
使います。

薬剤は気管支を広げ呼吸息症状を改善する作用や心臓の機能を増強して
血圧を上昇させてショック症状を改善する作用などがあります。
持っていなかったがためにあの世行きにならないためにも
準備していたほうがいいものの一つでしょうね。

もう一つ役立つものが、網。
a0047180_21574163.jpg

ただ、かぶることによって暗くなり、視界も悪くなるので
ハブなどがいる奄美の場合、明るい所でしか使えませんね。

そうそう、絶対持っていた方がいいものが一つ。
a0047180_22232243.jpg

吸引機。毒は取り除くのが一番。
今回親指でなかなか吸引できませんでしたが、
コガタスズメバチにしろハブにしろちゃんと吸引した人は
大事には至っていないようですので必需品です。

いろいろ準備するのは大切ですが、
危険に遭わないのがなんと言っても一番ですね♪
[PR]
by kazemaru-go | 2008-10-27 22:33 | 動物
<< 2009年カレンダー 古時計 >>