奄美の代表選手

奄美の代表選手、またはシンボルと言ったら何を思い出すでしょう。
いろいろあるかと思いますが、アマミノクロウサギもその一つでは
ないでしょうか。
これまで、見ただの、見られなかっただの、
フンの話などはたくさんしてきましたが
アマミノクロウサギの紹介していなかったことに気付きました。
これから何回かに分けてアマミノクロウサギの話をしたいと思います。

動物界、脊索動物門、脊椎動物亜科、哺乳綱、ウサギ目、ウサギ科
アマミノクロウサギ属、アマミノクロウサギ。
学名:Pentalagus furnessi
和名:アマミノクロウサギ
英名:Amami rabbit
分布:奄美大島と徳之島のみ

絶滅危惧IB類(EN)(環境省レッドリスト)
特別天然記念物 -1963年
国内希少野生動植物種(種の保存法) - 2004年

アメリカからわざわざ来たファーネスとヒラーの二人により1896年2月26日
採集された標本が、1900年ストーンにより鑑定され新種として発表されました。
アマミノクロウサギは、昔から奄美にいて、島住民は慣れ親しんできたであろうに
アメリカからわざわざ訪ねて来た二人によって世に出たとは面白い話です。
学名のfurnessiはファーネスの名前からきています。

ウサギと言っても、耳と後ろ足が短く、ちょっとおでぶ。
a0047180_3524735.jpg

上の写真、真ん中のブラックホールのようなもの(ちょっと、ボケボケですが)
アマミノクロウサギの後姿なんです。ねっ、まん丸でしょ♪
だから、跳ねるときも「ピョン、ピョン」というより「ボテッ、ボテッ」という感じ。
でも、つめが長くて鋭いので、かなりの崖でも登ることができます。

ところで、ウサギはなんで1羽、2羽と数えると思います?
その話などはまた次回。
[PR]
by kazemaru-go | 2008-05-26 04:11 | 動物
<< 奄美の代表選手の続き-1 熟す前はクロウサギ >>