熟す前はクロウサギ

今日は朝から雨の奄美です。
梅雨入り宣言してもよさそうなのになかなか出ませんね。
平均は5月10日ごろ、昨年は5月26日ごろだったようですが
さて、今年はどうなるのでしょう。

調査のため山に行った土曜日、
ゴンズイの終わりかけの花と若い実を見つけました。
(ゴンズイについての説明は2007年1月19日の投稿をご覧ください)

実が熟すと鮮やかな赤色で目立つゴンズイですが
今回初めてあまり目立たない若い実をじっくりみることができました。

a0047180_2356351.jpg

昨年、7月に撮ったゴンズイの実。
真っ赤な果皮が裂け、中から黒い種が見えてます。

a0047180_23575757.jpg

土曜日に見た、ちょっと膨らんだ実。

a0047180_23585418.jpg

そして花と上の写真より大きくなった実。
袋果は1つの花から1~3個生じますが、
あれ?この実何かに似てません?
ゴンズイの別名は「狐の茶袋」または「黒臭木」ですが、
若い実から、「アマミノクロウサギ」の別名もあげたいと思います。
[PR]
by kazemaru-go | 2008-05-20 00:06 | 植物
<< 奄美の代表選手 伐採についてのブログ >>