生き抜く

明日から4月だというのに、風が強く、肌寒い奄美です。
3月27日には、湯湾岳でヒョウが降ったらしく、山陰に積もっていたそうです。

3月末は転勤や就職、進学で奄美を出て行く人、その見送りの人で空港や港は
多くの人で賑わっています。
いい船出になりますようにとそれに合わせ
前回は種の旅立ちのことを投稿しましたが
今日は残念ながら旅立てなかった動物達の話です。

a0047180_21485329.jpg

a0047180_21492013.jpg

上の写真は、サシバとメジロ。
餌をとれずに力尽きたのか、何かに襲われかろうじて逃げたのに
命を落としたのかわかりませんが、冬を奄美で過ごし、
これから繁殖のため北に戻る予定だったはずなのに叶いませんでした。
(このメジロは脇の辺りが少し茶色っぽいので渡ってきた鳥だと思います。
 奄美に留鳥としているリュウキュウメジロは灰白色)


a0047180_2213327.jpg

a0047180_223330.jpg

上の写真は多分ハトの雛。
間違って巣から落ちてしまったのか、それとも襲われてしまったのか。
下の写真はルリカケスの雛の羽。
羽が半分ほどまだ羽鞘に収まっているので巣立ち前だと思われます。
周りに散乱してたので、何かに襲われたのでしょう。
鳥なのに、一度も飛ぶこと叶いませんでした。

そんな中、耐えて冬を越した動物も発見しました。

a0047180_22142087.jpg

これはキノボリトカゲ。
巣箱で何か繁殖していないか覗いてみたら
昨年の巣材の下に隠れていました。
かなり痩せていて、寒さのためほとんど動かなかったのですが、
私を睨む元気がありました。
静かに冬を越し、暖かくなるのは今か今かと待ちわびているのでしょう。

本当に厳しい自然。
この厳しさを生き抜けたものだけが、
春の暖かな日差しを浴びることができるのです。
[PR]
by kazemaru-go | 2008-03-31 22:32 | 動物
<< 身近に咲いている-1 旅立ち >>