旅立ち

1月末、釣鐘状の可愛い花をつけたビロードボタンヅルを見ました。
奄美大島以南に分布する、つる性植物。
行ったのが少し遅く、花はほとんど咲き終わっていましたが
実を一緒に見ることが出来ました。

a0047180_21592286.jpg

左下の花は萼がくるーんとカールしていて、
ベットの傍らにランプとして置いたら気持ちよく眠れそう。
花が終わると右上のつんつんした毛のある球状のものになります。
何の意味があるのだろうこの毛。
何故かこの時、凄く興味を持ちました。

a0047180_22125976.jpg

1月末、棘のように硬く見えた毛は
3月初旬、少し垂れ、柔らかそうに見えました。

a0047180_22313827.jpg

三月末はこの状態。
棘のようにしっかり見えた毛、
実は細かい毛が固まって1本になっていたんですね。
昨日の奄美は温かい日差しのとても気持ちのいい日。
ビロードボタンヅルの種はタンポポのように
風に乗って大空高く旅立って行きました。
[PR]
by kazemaru-go | 2008-03-29 22:44 | 植物
<< 生き抜く ちょっと遅れたけど >>