ちょっと遅れたけど

毎年この時期になると宇検村田検にあるオオシマザクラの話題が
新聞に記載されます。
昨年はわざわざ田検に行ったのに空振り。
宇検までは遠いと名瀬の高千穂神社にあるオオシマザクラ
気が向くと見に行くのですが、これは4年ぐらい空振り状態。
昨日、この話を知人にしたら、「じゃ、今から見に行って来ようか」と
いうことになり、神社に行ってきました。

a0047180_12135276.jpg

かなり葉が出ていて、終わりに近かったけどやっと見ることができました。

オオシマザクラは伊豆諸島に分布、特に大島に多く自生しているため
オオシマザクラ(大島桜)の名前がついています。
三浦半島や房総半島南部でもみられますが、
薪炭用に栽培されていたものが野生状態になったとする見方があるようです。
薪としては最適なんでしょうね。タキギザクラとも呼ばれますから。
葉はザクラ餅の材料になると一緒に行った知人が話をしていました。
サクラ餅の葉は食べる派ですか?
私は大好きで必ず食べます。
でも、調理していない葉は食べられたものじゃありませんね。
噛んでいると、しっかり、あの独特の味がしてちょっと感動しましたけど。
来年こそは満開のオオシマザクラ見たいなぁ。
[PR]
by kazemaru-go | 2008-03-26 12:26 | 植物
<< 旅立ち 奄美の珍味いただく? >>