寒空の下、海岸線で

この寒い時期、海岸線の満潮時には海水が届くような所に
密かに咲いている花があります。

名前はハマジンチョウ(浜沈丁)。
浜にあるジンチョウゲに似た植物と言うことから来ています。
分布は三重県、九州西海岸以南。
海岸線の開発により絶滅の危機が増大していて、
環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧Ⅱ類に入っています。

寒いと、なかなか海岸線に行くことはありませんが、
ぶるぶる震えながらもよく来てくれたねって、
プレゼント貰ったような気がしました。

蕾、花、実が一度に見られましたので、紹介します。
果実はコルク質で海水に浮くので、海流に乗って散布されるんですよ。

a0047180_21482033.jpg


a0047180_21484395.jpg


a0047180_2149452.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2008-01-25 21:52 | 植物
<< これ、なぁんだ? こんなに美味しいのに・・・。 >>