こんなに美味しいのに・・・。

先日紹介した「ひきゃげ」。
今回、紫芋で作った「ひきゃげ」を貰って
きれいだったのでアップします。

a0047180_14111360.jpg

上に乗っているのは梅干しなのですが
サツマイモの甘さと、梅干しのすっぱさが
なかなかのコンビネーションでした。

おいしい奄美のサツマイモですが、
実は植物防疫法により島外持ち出し禁止なんです。
サツマイモにはアリモドキゾウムシやイモゾウムシなどの害虫が寄生し
イモ類に大きな被害をもたらしています。、
持ち出し禁止は、まだ発生していない本土への上陸を阻止するためなんです。
サツマイモ(紅芋など)のほかに、エンサイ、アサガオ、グンバイヒルガオなどの
生茎葉及び地下部なども持ち出し禁止!

驚くことに以前は多くの果物や野菜の持ち出しも規制されてました。
平成3年、ウリミバエ、ミカンコミバエという害虫が根絶され
今は大丈夫ですけど。
タンカン、ポンカン、マンゴーなど、現在全国に発送されていますが、
それが出来るようになったのも、そんなに昔の話じゃなかったんですね。
なんか、外国みたい!

アリモドキゾウムシが寄生したサツマイモは
苦味があるし、まずくてとても食べられたものじゃありません。
見た目じゃわかりにくく、口に入れてから
「げっ、苦い!!」とわかるので厄介です。
寄生された芋を「サシドン」って言うんですけど、
奄美でサシドンの心配をせず、
サツマイモを食べられるのはいつになることやら。

問題になっている害虫見てみたい方は下記をクリック
移動制限の原因となる病害虫

ちなみに、サツマイモは奄美市にある門司植物防疫署名瀬支所で
47~48度、湿度95%以上の水蒸気による消毒をしてもらって
「消毒確認証印」を押印してもらえたら持ち出せますよ。
[PR]
by kazemaru-go | 2008-01-18 14:58 | その他
<< 寒空の下、海岸線で 小正月 >>