楽しい夢の世界

友達に子供が生まれました。
出産祝いどうしようかと思っていましたが
本人に聞いたら絵本がいいとの事。
それでご要望の本とあと何冊かの絵本を贈ることにしました。

この本選びの楽しいこと楽しいこと。
ただ、小さい頃読んだ覚えのある本はどれも懐かしく、
何冊かを選ぶと言うのは本当に難しい。
絵本や童話、いろいろな物語との出会いは子供にとって
とってもいいことだと思うんだなぁ。

私も本を読むことによっていろんなものに憧れたり、
人物や動物になりきったり、たくさんの夢の世界へ連れて行ってもらいました。

「アルプスの少女 ハイジ」
 奄美にはない、雪、高い山を想像して一緒にハイジと走り回った。
 白パンと黒パン、ヤギの乳で作るチーズはとても食べたかったなぁ。

「ロビンソン クルーソー」
 将来、無人島に住むぞ!と近くを冒険して歩いた。

「宝島」
 海賊がグビグビ飲む、ラム酒に憧れた。

「桃太郎」
 きび団子とはなんだろうと不思議だった。
 きび団子はないけど、弟を従え、家の近くで糞をする
 ノラ猫退治に出かけた。(虐待はしてないよ~~)

「ちいさいおうち」
 大きくなったらひろーい野原でこんな家に住みたかったなぁ~。

「銀河鉄道の夜」
 星空のきれいな夜、列車が私を迎えに来るような気がした。

「てぶくろ」「ごんぎつね」「ひさの星」「モチモチの木」「大きな木」「黒馬物語」
日本昔話、アンデルセン、イソップ、椋鳩十、ファーブル、シートン
宮沢賢治、新美南吉、斎藤 隆介、松谷みよ子・・・・
全部を話そうと思ったらきりがない。

長靴下のピッピやドリトル先生、オオカミ王ロボにも憧れた。
話の中では、冒険家、お姫様、動物、なんにでもなることができる。
世界中どこにだって飛んで行けるし
大昔から遠い将来までタイムスリップするのも簡単だ。
笑ったり、泣いたり、どきどきしたり、
いろんな想像して本当に楽しかったなぁ。

絵本や童話などは子供の本だけどただ楽しいだけでなく
いろんなことを教えてくれてるし
いろんな気付きもあります。
また、絵本や童話、読んでみたくなりました。

今回、子供はまだ0歳なので顔の表情や言葉の音を楽しむもの
楽しくケーキを作ったりするものあわせて5冊を選びました。

みなさんにも、何か思い出の1冊ありませんか?
[PR]
by kazemaru-go | 2007-12-10 21:57 | その他
<< 奄美の年末年始 野茶坊♪  野茶坊♪ >>