どんぐりの成長

100年の自然の移り変わりを調べよう
と、環境省は日本全国1000箇所程度のモニタリング調査を実施しています。
詳しくは下記をクリック
「モニタリング1000サイト」
私もこの長期計画のモニタリング調査のお手伝いをしているのですが
上記サイトの左側の「モニタリングサイト一覧」をクリック
地図上の「区分9」をクリック
生態系別の表の「森林・草原」をクリック
表の一番上の「奄美金作原」 ここがその手伝っている区域なのだぁ~~!!
残念ながらまだ情報は何も入っていないようですが
2005年夏からデータは蓄積してきているので
その内、すばらしい調査経過が公表されるのではと期待しているのであります。

その調査のトラップにかなり小さいものが入ってくるのですが
今回見ていただきたいのは7月半ばに回収した下の写真のもの。
a0047180_2135739.jpg


これ何だかわかりますか?
イタジイの雌花です。
(花が枝についた状態は2007年4月13日の投稿を参照。
 花柱の下が膨らんでいるものはもしかしたら一冬越えたものかも
 しれません。)
1メモリ1mmなのでどれだけ小さいかがわかるのではないでしょうか?
こういうのを2006年5月19に投稿した回収物の中から探し出すわけです。
さてこれがどう成長していくかといいますと
a0047180_21113167.jpg

最初の写真はこの写真の左側にズームインしたものです。
真中の枝が2年目の夏ごろ。
(みんな小さいのに1個だけ大きくなっているのは何でかよくわかんない)
1年かけてこれだけしか成長しないのに
ここから一気に成長し、秋には一番右側の食べられる状態までなるんです。
もの凄く身近だし、シイの実はよく食べているのに、
今回初めてよーく見てみました。
どんぐりの2年間(正確には1年半ぐらい)の成長でした。


おまけ 1
a0047180_2123056.jpg

山ではハシカンボクの花が咲き始めています。


おまけ 2
a0047180_21401490.jpg

今日、林道でケナガネズミの死骸を発見。
毛しかなかったので原因はわかりませんが
夏はいろんな人が山に入ります。
交通事故には気をつけて欲しいなぁと思います。
それにしても、生きたケナガネズミになかなか会えないなぁ。
[PR]
by kazemaru-go | 2007-08-29 21:23 | 植物
<< この夏出会った生き物たち 皆既月食 >>