みんな帰って来られたかなぁ

亡くなられた方がちゃんと家に帰ってこられるように
目印として飾られるといわれている七夕飾り。
今年の旧暦7月7日(七夕)は8月19日でした。

七夕の前日はあちらこちらで竹を担いで歩いている人を見かけ
なんか嬉しくなりました。

七夕の楽しみはきれいな飾り付けを見ることと
子供達の書いた短冊覗くこと。
さすがに各家の短冊見ることはないけど
図書館やスーパーなど行った時にちょこっとだけ見ちゃいます。
微笑ましくて、クスッと笑えるものが多いんです。

皆さんは短冊に何のお願い事を書くのでしょう。
私が小さい頃、必ず書いていたことがあります。
それは
「空を飛べますように!」
でした。
本当は鳥のように自由に飛び回りたかったのだけど
どらえもんの「タケコプター」のように人力でなくても
ムササビのように滑空するだけでも
とにかく足を宙に浮かせた状態で移動できるようになりたかった。

いつものようにこのお願い事を書いたある七夕の日
私は夢を見ました。
神様が
「そんなに飛びたいか?
 それなら、明日、登り棒のてっぺんからジャングルジムのてっぺんまでだけど
 飛べるようにしてあげよう」と。
嬉しくて嬉しくて、学校に行って早速登り棒に登って飛びましたね。
結果は飛べずに跳んだだけ。
その日1日「おかしい!」と考え込みました。
諦め切れない私、小学校卒業するまでこのお願い事を書き続けました。

今思えば、「そんな馬鹿なこと」だけど、あの頃は信じてた。
大人になって現実がわかってくると、とかく諦めが早い。
諦めるからそこで終わってしまう。
たまには「そんなこと」を願い続けることも大切かもしれない。
だって、そのほうが人生、より楽しくなると思いませんか?

今日はお盆の入り。
七夕飾り目指してみんなちゃんと帰って来られただろうか。
家でごちそうに舌鼓を打っている祖父母や伯父が
「まだ挨拶にこんが(来ないね)」と
言っているかもしれないなぁ。

a0047180_1810126.jpg

             アーケード街では子ども会などで作った
             たくさんの七夕飾りがあがっていました。
[PR]
by kazemaru-go | 2007-08-25 18:15 | イベント
<< 山のランたち 山のキノコたち >>