痛い、痛い植物

この時期、山に行くとヒメアリドオシの花を見かけます。

高さ30cm以下ぐらいにしかならない常緑低木。
分布は本州紀伊半島)~徳之島まで。
名前の由来は
ヒメは小さいの意味
アリドオシは
アリを通すくらいの鋭いとげがあることから。(蟻通し)
また、実が長い間ついているので(在り通し)という説も。
a0047180_23565149.jpg

写真のヒメアリドオシには実はなっていなかったなぁ。
かわいらしい花もいいけど
見て、見て、トゲ。
低い植物だから、目に入らず近くを通ったり
間違ってしゃがんでしまうとこれが痛いんだなぁ。
[PR]
by kazemaru-go | 2007-04-24 00:01 | 植物
<< いつになることか・・・・ サンガツサンチ >>