第14回オオトラツグミさえずり調査

奄美は新緑のきれいな季節になりました。

毎年恒例のオオトラツグミの一斉調査が終わり
ちょっと気抜け状態の私です。
中央林道を一斉に調査した3/18には
今年も100名を越えるボランティアの方々が集まってくれ
過去最高の78羽のさえずりを確認できました。

私は人数の関係で誰の陰謀か急遽スタルマタ班を率いることになり
高校生を中心に調査をしました。
「班長なんて、しかも手伝ってくれる人もいないから、いやだ~!!」
と、大騒ぎしていたのですが、終わってみれば
なんとスムーズに事が運んでいたことか。
初めて調査に参加してくれる人でほとんど組を編成したのに
少人数だったことと、優秀なメンバーに恵まれ余裕綽々の班長仕事でした。
スタルマタ班は中央林道の重複も含め10羽の確認でした。

何事もなく今年も無事大きな行事が終わったことと、
これからの奄美を担っていくであろう、高校生の参加、
大好きなオオトラツグミのさえずりをたくさん聞けたことで
幸せに酔いしれながらの投稿でした。
(今日は朝の調査も夜の調査もお休みで
のんびり仕事しています)

a0047180_2291730.jpg

            地元では5回以上、島外では3回以上
            参加した人に配られたThanks goods

a0047180_22141615.jpg

           3/21に調査した旧三太郎峠から。
           夜が明けて調査が終わったので写真を1枚。
           木々の隙間から見えた住用の内海。


昨年のこの時期、へろへろ状態だったのに
今年は異常なくらいまだまだ元気。
4月初旬まで続くオオトラツグミのさえずり調査、
同時に行われているアマミヤマシギの調査
早朝の調査、夜間の調査とめちゃくちゃな毎日ですが
まだまだ楽しめそうです。

オオトラツグミの調査の詳しいことは昨年3月の投稿をご覧下さい。
[PR]
by kazemaru-go | 2007-03-22 22:19 | イベント
<< 何気に見てたけど 地面から咲く赤い花 >>