山の中うろうろ-2

昨日に引き続き、最近行った山の話。

入り口は分かっているけど後は未知の世界で
地図とコンパス、勘だけが頼り。
周りは木に囲まれはっきりどこにいるかも分からないので
地図の等高線と実際の地形を想像し照らし合わせながらの
どきどき山歩き。
ちょっと地図を読み間違えたら山に迷うか、
何キロも離れた所に行ってしまうと言うなんともスリル満点の山歩きなのです。

a0047180_11293755.jpg

山の頂上辺りで私達の前に現れたアカヒゲ。
人を見たことないのか、休憩中ずーっと私達の周りを飛び回り
2mくらいまで近付いてきました。
休憩終わり、山を歩き始めてもしばらくついて来ていました。
よっぽど私達が珍しかったんでしょうね。
見ているつもりがしっかり視られていたかも。
多分仲間に会ったら
「今日っちば、むーるだいばんの変な生き物見てんがー。・・・」
(今日、もの凄く大きな変な生き物見たよ。・・・・)
なんて話しているかもしれません。


a0047180_11383374.jpg

人が入らない山と言えばハブ。
長さは1m50cmくらいあったんですが、餌にありついていないのか
ちょっと細めのハブでした。
よくこんな体勢とれますよね。(頭のあたりは地面についてません)
人が同じことをするとなるとどうなっちゃうんだろう。
まず無理でしょうね。
いったいハブの筋肉って・・・・・・・・。


a0047180_114344.jpg

途中、なかなかいい滝つぼを見つけました。
その滝つぼ近くから上流を見るとこんな感じ。

a0047180_11442839.jpg

私が目をつけた滝つぼはこれ。
水深5mはあろうかと言う立派なもの。
夏、ここで泳いだら気持ち良さそうだと思いません?
満開のサクラツツジが滝つぼに枝を伸ばしていました。

泳ぐとして下はどうなっているんだろうと思い行ってみました。
滝つぼのすぐ下は3~4mの小さな滝でしたが
その下は
a0047180_11464010.jpg

この落差分かります?
20m.近くはあったはず。
泳いだ時、流れに引き込まれ、この滝に落ちちゃったら大変。
泳ぐとしたら命がけだなぁ。
[PR]
by kazemaru-go | 2007-02-21 11:54 | 奄美の風景
<< ぐーすか、ぴ-すか(∪。∪)。... 山の中うろうろ >>