春の準備

常緑広葉樹の多い奄美ですが
今、ハゼノキなどの紅葉が所々で楽しめます。

最近私の目を引いたのは日当たりのよい林縁や
伐採地などに生えるゴンズイの紅葉。
葉が広く、オレンジ色でかなり目立っていました。

ゴンズイは本州(茨城県および富山県以西)以南に分布する
落葉小高木。

名前の由来は
この木は特に役に立たないので(ちょっとひどいなぁ)
背びれの一番前の棘に強い毒を持ち
網にかかっても捨ててしまう魚のゴンズイからきたという説と
木皮の線形がゴンズイに似ているところからという説があります。

別名「狐の茶袋(きつねのちゃぶくろ)」  (実の形から)
また、「黒臭木(くろくさぎ)」 (臭気から)
とも呼ばれています。

紅葉きれいだなぁと眺めていたら、新芽を出そうとしているのに
気付きました。
明日、1/20が大寒だというのに、もう既に春の準備です。
a0047180_232821.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2007-01-19 23:28 | 植物
<< 山のウーパールーパー 大往生 >>