眠り草

「眠れー、眠れー、眠れー・・・・・・・・・・・」
植物の枝を切って、こんな遊びをしませんでしたか?

この草、茎から出ている小枝の両側にたくさんの葉がついているのですが
枝を茎から切り離してしばらくすると、両側の葉が閉じ、
表面同士が引っ付いてくるんです。

名前はコミカンソウ。
名前の由来は果実がミカンに似ていることからきています。
スリランカ原産の植物ですが、本州以南の道端などでよく見られます。
雄花と雌花が咲くのですが雌雄同株。
葉のついている小枝の裏を見ると基部から先端に向けて
果実、雌花、雄花の順で見られます。
ただ、花は小さすぎて肉眼ではっきり見るのは難しい。

昨日山に行くと、たくさんの果実と1mmにも満たない小さな花をつけた
コミカンソウを見つけ、子供の頃を思い出しました。

「眠れー、眠れー、眠れー・・・・・・・・・・・」
朝早く起きたから、私の目のほうが先に閉じそうになっちゃったよ~~!
a0047180_11511395.jpg


コミカンソウの小さな花に興味のある方は下記をクリック。
サイトの真中あたりに写真が出ています。

コミカンソウ
[PR]
by kazemaru-go | 2006-09-28 11:52 | 植物
<< 厳しい自然 臭い対決 >>