臭い対決

中学時代で今でも覚えている授業というのはほとんどないのですが、
理科の時間、珍しく先生が校外に連れて行ってくれたのは
思い出せます。
先生:「みんな来なさい。この木の葉っぱを採ってもんで匂いしてごらん。
     いい匂いするから。」
まじめに先生の言うとおりにする生徒。
生徒:「おえぇぇぇぇ~~~~~!くっさい~~~~~!!」

今思えばあれはアマクサギだったのではなかろうか。
九州南部以南に分布する低木木。
花はどちらかと言えばいい匂いの部類ではと思うんだけど
葉をもむと臭い臭い。
a0047180_12415054.jpg

                   アマクサギの花

アマクサギは今の時期、花がよく見られるんですけど、
同じように今頃花が咲く植物で、アマクサギより臭いんじゃないかと思っている
つるがあります。
名前はヘクソカズラ。
屁に糞ですよ。凄い名前。
名前を聞いただけで「ちょっとねぇ」と眉をしかめたくなりますよね。
日本各地に分布しているんですけど、
花の中央部がお灸をすえたあとに似ているので
ヤイトバナという別名を持っています。
a0047180_12504248.jpg

                  ヘクソカズラの花

興味のある方は「臭い臭い対決」を
「おえぇ~~」と言うのを覚悟して挑戦してみてください。
[PR]
by kazemaru-go | 2006-09-19 12:54 | 植物
<< 眠り草 黒糖焼酎使用 >>