夏の終わり、秋の始まり

朝夕、随分過ごしやすくなってきましたね。
昼間の太陽の光も幾分やわらいできたように思います。

奄美では夏の終わり、そして秋の始まりを感じさせる花が咲き始めています。
ハシカンボクはその代表的な花ではないでしょうか。
屋久島以南に分布し、林縁なんどに生える常緑低木。
以前紹介したノボタンの仲間なんです。
この花もノボタンと同じように、白色に近いものから
濃いピンクまでその木によっていろんな色の花が咲きます。
1.5cmぐらいのあまり大きくない花ですが、
1つの柄から3つも4つも花を咲かせるので、
道沿いによく生えているこの木、
時期になるとハシカンボクロードがいきなり出現したように感じますよ。
a0047180_1364247.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2006-08-31 01:47 | 植物
<< 抜け替わりの羽 チョコレートダケ >>