裁判所

今日、初めて裁判所の中に入りました。
(別に私の用ではないのでご安心を!)
知人に誘われたので行ってみたんです。
名瀬の矢之脇町にあって、前はよく通るのですが。

裁判は法廷が開かれていれば,
事前に申し込まなくても傍聴することができます。
真正面に裁判官、その前に速記者
右側に弁護人、左側が検察官でしょうか。
傍聴席は全部で27席だったか36席だったか。

今日は、殺人事件の判決の言渡しでした。
判決は懲役9年の実刑。
長い年月での恨み辛み、相手への脅威などから
殺人に至ったらしいのですが、
裁判官の話をちょっと聞いただけだから良くわからないのだけど
もう少し情状酌量の余地があったような、なかったような・・・・。

いろいろな事件などが横行している今の世の中。
内容も複雑になり、多岐にわたっています。
そんな中、無作為に選ばれた国民が、同じ国民を裁く「裁判員制度」が
今度始まろうとしていますね。
その人、その家族、その周りの人の人生が判決によって
大きく左右されます。
「私、わかんな~い!」じゃすまされません。
被告人、傍聴席の私の前に座っていた被告人の母親、
被害者の家族などを見ていて考えさせられました。
裁判いらないような世の中が一番ですけどねぇ。
[PR]
by kazemaru-go | 2006-06-23 14:35 | その他
<< 大きく、目立つ花 世間を知らぬ子供達 >>