お腹がオレンジ色の井守

昨日は予想に反して雨が上がったのに
今日はまたまた雨。
側溝から水があふれ出し、道路上にシリケンイモリが出てきていました。

シリケンイモリは奄美大島、沖縄本島、渡嘉敷島に生息している両生類。
「井守」(イモリ)と言う名前なのに、ちょっとした水溜りなどで
よく見かけます。もっとも、もう、井戸なんてほとんどないですけどね。
両性、爬虫類の苦手な方は最近この話題が多くてすみません。
(結構、おもしろいし、よくよく見るとかわいらしいんですよ。)
漢字で書くと「尻剣井守」なのですが、
名前は尻尾の先が剣のように尖っている事からきています。
お腹は派手派手オレンジ色。
皮膚には毒腺があるらしいので要注意です。
(子供の頃よくつかんで遊んだんだけど何にも問題なかったけどなぁ)

奄美ではいたる所で見られるシリケンイモリで
あんまり環境にこだわりが無いように思われるのですが、
アマミノクロウサギやイボイモリなどが生息していて
環境も良さそうな徳之島にいないのがとっても不思議。
(沖縄本島にはいるのに)

シリケンイモリは肉食系なのですが
普段は本当にぼけ~~~っとしています。
のんびりシリケンイモリの写真はまた後日紹介します。

a0047180_19595263.jpg

      左が大人、右がまだえらが見られる子供のシリケンイモリ。
      「はい!みあって、みあって~~!」

a0047180_2011952.jpg

             頭隠して尻隠さずシリケンイモリ。
             お~い。丸見えでっせ~!!
[PR]
by kazemaru-go | 2006-06-14 20:09 | 動物
<< 雨乞い鳥 姿勢よろしく >>