奄美の警報・注意報

湿度が高くなり、蒸してくるこの時期、
奄美ではハブに気をつけなければいけません。

ハブは猛毒を持つ蛇。
ハブの毒は、もともとはだ液と同じ消化液で、
それが強力に変化したものです。
獲物の体内に毒を入れることにより、
毒で獲物の中からの消化と、ハブの胃液など外からも消化することで
消化スピードがはやくなるんです。
ハブの毒は、タンパク質をとかす物質で、
血管組織を破壊するめちゃ恐ろしい毒なんですよ。

そのハブですが、今日の昼間に2匹も見ました。
それも結構大きいハブ。
頭が大きいから、かなり迫力ありましたね。
久しぶりのご対面で興奮してしまった。
写真撮りたくて、ちょっと近付いたんですけど
鎌首持ち上げてしっかり攻撃態勢とられてしまいました。
おぉ、こわっ!

今まではハブ注意報ぐらいでしたが、
この時期、ハブ警報発令でしょうね。
a0047180_23583326.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2006-05-25 00:03 | 動物
<< 制限時間1時間、1本勝負 外はやっぱりいい~~!でも・・・。 >>