奄美の緯度

今日、テレビでシャングリラのことをやっていました。
シャングリラは中国にある地域で以前は「中甸」と言われていましたが
最近シャングリラ(香格里拉)と改めることを中国政府も認めている所です。

シャングリラとはもともと
1933年に出版されたジェームズ・ヒルトンの小説『失われた地平線』の
舞台となった伝説の楽園。
(映画化され、その映画によって西洋人にとっては伝説の理想郷に
 なったみたい。 アカデミー賞にも輝いているそうです。)
そこで暮らす人々は何百年も生き、あらゆる夢が現実になる土地だそうで
本で描かれた土地の風景が中甸とほぼ一致することや、
中甸を表す古チベット語の意味がシャングリラの意味と同様なことなどが
由来みたいだけど、あまり詳しいことはわかりません。

詳しく知りたい方は下記にアクセスを
http://www.gesanmedo.or.jp/uli061.html

私が興味を持ったのはシャングリラの緯度が奄美とほぼ同じと
テレビで紹介されたから。
10年ほど前だったら知名度もあまりなく
「奄美大島って伊豆の大島?」
「山の頂上に行くと四方八方見渡せるの?」
「奄美って沖縄県でしょ。どこにあるの?」
 (今でもまだこの質問する方多いですけど)
とよく聞かれたのに。
テレビで奄美と同じ緯度と解説したってことは名前も位置も
それだけ認識している人が多いと言うことでしょう?
奄美も有名になったなぁ。
シャングリラは同じ緯度と言うのに全く違う景色。
(上記のHPで見ただけですけど)
そう言えば、奄美と同じ緯度と経度の地域って他にどんな所があるんだろう。

それから、「あまんゆ」と言う昨年7月発売になった黒糖焼酎が
あるんですが、このアルコール度数中途半端な27度。
普通は25度とか30度なのになんで?と思っていました。
実はこの度数、
飲んでみて薄くも無く それでいて濃さも感じないアルコール27度が
程好い商品の味となった事と
北緯27度線が奄美諸島にあることから設定されたようです。
ちゃんと意味があったんですねぇ。
[PR]
by kazemaru-go | 2006-04-29 17:24 | その他
<< 野いちご テッポウユリ >>