オーラの出ている花

朝出かけ、今、家でやっと一息ついています。
今週土曜日からは朝、3時または3時半近くの起床が続くんだけど
それを考えると気が重くなる。
3時は朝なのだろうか。夜なのだろうか。

今日、昨年咲いていたアマミセイシカがどうなっているんだろうと思い
見に行きました。
アマミセイシカは奄美大島固有のツツジ科の植物。
渓流沿いを好み、3月半ばから4月にかけて花を咲かせます。
漢字で書くと「奄美聖紫花」。
素敵な名前ですよね。

自然の中のアマミセイシカは花を近くで見るのがなかなか難しい。
見やすいところに自生しているものは
盗掘の的となり、それ以外のものは山奥だったり、
渓流の急斜面だったり、やっと見つけても
かなり高い所に花をつけていたりするのです。
今回行った所は、山奥だけど道から少し入ると
目の前でじっくり見られるからとても嬉しい。
昨年より花が少なく、しかも終わりに近かったのが残念だったけど
今年も美しい花を咲かせていてくれました。

花は紫と言うより、薄ピンク。
少し尖った感じのする花びらが、
気高く、崇高な、そして奄美を代表するツツジの
オーラを出しているような気がします。
a0047180_101077.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2006-03-16 01:06 | 植物
<< 雨に濡れたタブノキの新芽 竜?幽霊?の皆様の奄美ツアー >>