竜?幽霊?の皆様の奄美ツアー

最近山でよく、ギンリョウソウを見るようになりました。
ギンリョウソウは日本各地の山の林内に生える多年生の腐生植物。

初めて見たとき、この異様な形に「なんだこりゃ」と
座り込んで見入ってしまいました。
漢字で書くと「銀竜草」。
これは、首を持ち上げた銀色の竜に見立てたとか、
白いろうそくのような感じを竜に見立てたことが名前の由来らしい。

また、別名、白いキノコのように不気味に生えているので
「ユウレイタケ(幽霊茸)」とも呼ばれます。
確かに、暗い林内だとそこだけ、ぼやーっと白く浮いているので
不気味と言えば不気味。

下の写真見ていたら、前がガイドさん、
後ろのあちらこちら首を向けているのが団体のお客様のように見えてきません?
「奄美の森を歩こうツアー」の皆様、いらっしゃーい!
さて、ツアー客は竜?それとも幽霊?

a0047180_1816552.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2006-03-14 18:11 | 植物
<< オーラの出ている花 「それぞれに」 >>