「それぞれに」

3月1日奄美出身の「中 孝介」(あたり こうすけ)が
「それぞれに」でメジャーデビューしました。

奄美出身の歌手と言えば「元 ちとせ」を思い出す方も多いかと思います。
2人とも島唄を歌う唄者。(奄美では島唄を歌う人を唄者と呼びます。)
奄美にはたくさんの唄者がいるのですが
その中に、「民謡日本一」に輝いた方が4人もいるのです。
「築地俊造」 「當原ミツヨ」 「松山京子」 「中村瑞希」
すごいですよねぇ。
ただ、新聞に「島唄は独特であり、日本一番が島一番ではない。」
と言う、築地さんのコメントが載っていました。
確かに。日本一は確かに凄い。
でも、近所に住んでいる普通のじいちゃん、ばあちゃんが
すごい唄者だったりするのも事実なのです。

パソコンで「中 孝介 OFFICIAL SITE」を見ていたら、
「それぞれに」がフルコーラスで楽しめることがわかったので
紹介しようと思い書き込みしています。

「元 ちとせ」の歌声は、昼間潮が満ちてくる時の海のような
がんがん胸に響く、力強い感じがしましたが、
「中 孝介」の歌声は、全く逆で、夕方大きな夕日が沈む
波穏やかな海を連想させる、静かで優しい感じがしました。
眠るときにでも聴いたら、
「今日も、一所懸命やったよね。ちゃんと見てたよ。
 だから、今日はゆっくりお休み。」
とでも言ってくれてるようで、気持ちよく眠りにつけそうです。

「それぞれに」では
「それぞれに それぞれの 決めた道を歩き 
いつの日か微笑んで また 会える そのときまで」
とサビで何回も繰り返されています。
今は、卒業、転勤と多くの別れがあり、
いろんな人が新しい道に進んでいく時期。
聴いていると、穏やかな気持ちで、別れを受け入れ、
それぞれの旅立ちを笑顔で見送れそうな気持ちになりました。

http://atarik.exblog.jp/

上のアドレスからTOPページの3/11の書き込みの
「芽がヒット 新人応援部」の所をクリックしてみてください。
[PR]
by kazemaru-go | 2006-03-12 23:47 | その他
<< 竜?幽霊?の皆様の奄美ツアー FAU >>