山之神

山の中に、「山之神」と書かれている石碑がありました。
通常は、大きな木とかを山神様として祀るんだけど。
多分、明治の終わり頃、大分県の方が建てたと書かれていたなぁ。
こんな山奥まで持って来たとは、なんともご苦労な。

山には、旧暦の1日と16日(日付あってると思うんだけど)には
入るなと言われています。
山神様は女性のようで、同じ女性にはやきもちを焼くだったか何かで
特にあんたは入ったらいかんよ。と、忠告してくれた知人がいました。
最初は恐ろしがって、入らなかった私も、最近は全く気にしていません。
いけませんねぇ。自然をなめちゃいけません。
時々は、塩とお酒持ってお清めすることもありますけどね。

「山神様、私は悪いことをするために山に入っているのではありません。
 大目に見てやって下さい。お願いします。」 <(_ _)>

a0047180_18281747.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2006-03-09 18:33 | その他
<< FAU お澄まし、アマミヤマシギ >>