見つかって少し安心。

今日は、アマミノクロウサギの調査のため
龍郷町にある沢に入りました。
以前は龍郷町にもかなりのクロウサギが生息していたのですが、
現在、名瀬市を境に、北と南に分布が分かれ
北に位置する龍郷町は、個体群が小さく、
近い将来いなくなってもおかしくないと言うのが現状です。

おととしは同じ沢でマングースの糞を見つけ、
今日は歩き始めてわずかな所で犬の足跡を見つけたので
どんなもんだろうと心配しましたが、
約1kmの間にとりあえず10箇所程度の糞の塊を確認することができました。
これがどういう意味を成すのか、
他の沢との照合、専門家による分析結果などを待たないと分かりませんが、
ある程度の糞塊が見られ、少し安心しました。

2月26日(日)大島支庁の横、奄美会館で13:00~17:00まで
アマミノクロウサギのシンポジウムがあります。
いろんな方面から見たアマミノクロウサギの話が聞けそうなので
行ってみようかと思っています。
お時間のある方は是非、シンポジウムへ。
a0047180_23414011.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2006-02-21 23:42 | 動物
<< 蔵満逸司写真展 春は見るものが多い >>