食わず芋

奄美ではよく見かけるクワズイモ。
四国南部、九州南部以南に分布するサトイモ科の植物。
名前が示すように、見た目はサトイモに似ているけど、
食べられないイモなのです。

以前、「クワズイモの実、おいしい。」
と言われ、すぐに口に入れた私。
ふむふむ、確かに甘し、おいしいかも・・・・・・・・・・
と思ったのはほんの一瞬。
口の中はもの凄いしびれ。
「わぁ~~!大変!!どうせばいい~~~~~。」
騒ごうが、うがいしようが、何しようが、治まりません。
あの時は一人で大騒ぎでしたねぇ。
しばらくしてやっと治まりましたが、
実を味してすぐ吐出していたからよかったものの
そのまま飲み込んでいたらと思うと今でもぞっとします。
「食わず芋」とちゃんと名前で教えてくれているのに馬鹿だった。
おいしいと言った本人は、全く平気。どういうわけ?
未だに不思議。

クワズイモはかなり大きくなるのですが、
下の写真のものは、どれくらいの大きさあると思います?
a0047180_23364738.jpg

かなり大きいですよね。
大体見当はつきましたか?

答えは
柄を省いた葉の部分だけで1m。
もっと、大きいと思いました?
写真のアングルでそう見えるかもしれません。(実はそれが狙い)
それでも、やはり大きいですよね。
雨の日に、傘代わりにしたらちょうどいいかもしれません。

このクワズイモ、つぼみが膨らんできていたのですが、
横から見ると観音様のようでした。
沢で、水の流れる音を聞きながら観音様に似たつぼみをを見ていると、
何故か心安らぎました。
[PR]
by kazemaru-go | 2006-02-04 23:58 | 植物
<< 近い未来、明るいかも! おもしろいもの、みっけ! >>