ノボタン

昨日の今日とは思えない奄美の空模様。
朝から、ずーっと雨続き。
調査で山に入ったのですが、
何故かこの調査をやるときはいつも雨。
誰か、天気に恨まれるようなことでもしたんだろうか。

少し前から、ノボタンの実が熟し、食べられる時期になりました。
ノボタンは奄美大島以南で見られる植物。
花は、梅雨~梅雨明けの頃咲きます。
硬い実が膨らんできて、割れて中が見えるようになると食べ頃。
深いワイン色の粒々の塊が中でいくつかに分かれていて
なかなか食べやすい。
味は、野いちご(リュウキュウバライチゴに似てるかも)のように
素朴だけど、これまたおいしい。
ちょっと癖になるかもしれません。
ただ、食べ過ぎにはちょっと注意が必要。
ノボタンの属名はギリシャ語で「黒い口」の意味を持つ。
その名の通り、食べると口が黒くなってしまいます。
おいしさのあまりたくさん食べて、
「おいしいねぇ。」とお互い顔を見合わせると口の中真っ黒と言うのも
笑えるかもしれませんけど。

a0047180_17594588.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2006-01-29 18:10 | 植物
<< モーツァルト 桜満開 >>