いろんな名前がつくもんだ!

下の写真、サネカズラの実。
本州(関東地方以西)以南に分布しているつる性の植物。
別名「ビナンカズラ」の名前を持つ。
なぜ「美男かずら」かと言うと、昔、男性が木皮の粘液を水でとき
びんつけ油として整髪に用いたことかららしい。
うぉー、美男かぁ。((ё_ё) 
どんな髪型にしていたんだろう。
そんなキョラネッセ(美男)に会ってみた~い!ねぇ。

それに、食べてしまいたいような可愛い女性にもたとえられ
『玉くしげ みむろの山の さなかずら さ寝ずはつひに ありかつましじ』と、
万葉集にも歌われているようです。

美男、可愛い女性と、いい事ずくめ!

でも、私は
「小さい頃は、わざわざ探してまで食べたんじゃが。」
の言葉のほうにもちろん目を輝かせた。

知人:「島口(島の方言)では、なんち言ったかい?そうそう、ウシヌフグリ」
私 :「ウシヌフグリちば何ちゅう意味?」
知人:「○○の○○○○」
ひぇ~~~~!
何て言ったかって?
わたくしに、言えとおっしゃいますの?
そんなぁ。わたくしの口から言えませんわ。
聞きたい?
聞きたい?
仕方ないなぁ。

ウシヌフグリとは「牛のち○ち○」らしい。
見たことないからよくわからないけど。

あぁ、食べるの凄く楽しみにしていたのに、躊躇しちゃうなぁ。
ビナンカズラの名前聞いたときは嬉しくてどきどきしたのに。
別の意味でどきどきしちゃったよ。
味はねぇ、名前聞いた後だったし、その前チョコレートも食べたから
どうでもいいって感じ。
まぁ、島の名前聞かなければおいしかったかもね。
同じ植物なのにいろんな名前がつくもんだ!
a0047180_21161513.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2006-01-17 21:17 | 植物
<< いただきます。~6 ホタル? >>