久しぶりに出会えた!

今日久しぶりにイボイモリを見ることができました。
イボイモリはアマミノクロウサギなどと一緒で
「生きた化石」と言われていて、約200万年も生き抜いている
私達奄美人の大先輩なのです。
(奄美大島、徳之島、沖縄島、渡嘉敷島にのみ生息)
幼生は昨年徳之島で見ることできたんですけど
成体見たのは5年ぶりぐらいだろうか。

見つけたときは大騒ぎで写真撮りまくりました。
周りの邪魔な枝や落ち葉をどけても全く動く様子なし。
最後にちょっと手に乗せてみたんだけど
今日は暖かいとはいえ、変温動物の両生類だけに冷たかったぁ。
地面に戻しても、少し動いてそのままじーっとしてるし。
はぁ、やっぱり島の動物だ。
これから先もこれらののんびり動物達が
ずっと生きていけるような奄美であって欲しいよ~!!
a0047180_18293880.jpg


そうそう、それから昨夜、念願の「まーらん舟」という
黒糖焼酎飲むことができました。
かめ仕込みで焼酎作りをしている酒造会社が
島の黒糖にこだわり、これはと思える黒糖の出会いから生まれた焼酎だと
聞いていたので是非飲みたかったんですよねぇ。
出荷本数少ないし、口に入ることはまずないと思っていたのに
嬉しいことに声がかかって。電話切ってすっ飛んで行きました。

黒糖焼酎はこの奄美でしか作ることができません。
考えたら凄いことですよね。

香りは33度のわりにアルコールの匂いが強くありません。
でも、匂いも味も独特でしたね。
お湯割りだと癖が強まるし、ストレートでも飲んだんですけど
このお酒はロックが一番合うような気がしました。
味も然る事ながら、同じものづくりをしている者として
原料へのこだわり、1本1本手書きされているラベル
このセェ(焼酎)への思い入れが伝わってきて・・・・・・・。
そういう黒糖焼酎飲めたことが嬉しかった。
a0047180_18295331.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2006-01-14 19:02 | 動物
<< ミングリ 木のこぶ >>