さて、これは何?

いきなり質問です。
下の写真はさて何でしょう。
a0047180_15384894.jpg

ヒント1.
  茶色の刺さっているのは釘
  それは、周囲約90cmの木に打ち付けられてます。

答えは
  高い所にあるランを採るために打ち付けられた足場です。

この木には一定の間隔でずーっと高い所まで
釘が打ち付けられていたし、この周囲の何本もの木がこのように
釘が打たれてました。
植物絶滅の大きな原因の1つは盗掘です。
希少価値が高ければ高いほどその対象になります。
奄美でも盗掘などにより、自然界で絶滅、
または絶滅寸前の植物がたくさんあります。

今年も花が見られると思って喜んでその場所に行くと
跡形もないと言うことがよくあります。
植物は本来あるべき場所にあってこそ光り輝くと思います。
自分達のちょっとしたエゴのために永遠に地球上から
無くしてしまっていいものでしょうか?
奄美には固有種が多く、奄美で無くなれば本当に地球上から消えてしまう
植物がたくさんあります。
それらが、今後子孫を増やすこともなく、二束三文で売られたり、
多くが人の庭で枯れたりしています。

庭で楽しむなら園芸植物、
そして、外に行けばいつでも誰でも楽しめる在来植物。
そうあってほしいと思います。

在来植物:昔からそこで生えていた植物。
[PR]
by kazemaru-go | 2005-11-29 16:07 | その他
<< 印刷開始 つくなよ~~!! >>