ん~~~~~~。

今日まで、ちょっと旅行の話。

光明寺の写真を2日前に載せませしたが、
そのすぐそばに、1ヶ月ほど前、九州国立博物館がOPENしたので
そこにも行ってきました。

常設展示の中に「踏み絵」があります。
中学校の歴史で習った時、絵を踏ませる、踏まないと処刑されるって・・・・?
凄く不思議な感覚になったのを覚えていて、今回どうしても見たい
展示物の一つでした。
「踏み絵」ってどういうものを想像しますか?
私は幕府側が丈夫な紙か、木に彫って作った絵で
雑で使い捨てされるようなものを想像していました。
でも、本物は違ってました。
多分ですけど、キリスト教徒が大事にしていたものを押収して
それを使ったのではと思います。
3種類展示されていたのですが、どれも立派なものでした。
1つは木枠にはめられていましたが、そうとう踏まれたのか
角は丸く、表面はつるつるしていました。
「自分は、江戸時代の人間で熱心なキリスト教徒だ」と想像してみて下さい。
この「踏み絵」踏みますか?

私だったらどうするだろう。
ん~~~~~。
本当はこんなこと議論する自体がおかしいのでしょうね。
宗教のことは良くわかりませんが、多くの信者がいる宗教って
どれも元々はその人や、家族、みんなが幸せで、仲良く、平和に暮らす、
あの世でも平穏に暮らすそういう目的ではと思うんです。

日本時間、11/10午前4時頃、ヨルダンのアンマンで
また同時多発テロが起きました。
悲しいことです。

遠い昔から、現在まで、宗教がらみの争いは絶えません。
お互い隣の人を、自分と違う考えを理解するまではいかなくても
認めるということはできないのでしょうか?
欲望や、憎しみそういうものがなくなり、本来のあるべき宗教の姿に戻って
争いのない平和な日々をすべての人が送れるよう祈るばかりです。


a0047180_1563056.jpg

               3つあった「踏み絵」の1つ
[PR]
by kazemaru-go | 2005-11-10 16:10 | その他
<< いただきます。~2 何故、こんなにも遠い島に・・・・。 >>