何の戦略?サガリバナ

時々このブログで紹介している近所のサガリバナ。
8月9日、立派な花が咲いているとのことで見に行きました。
そしたらその時持ち主のHさんが
「見てごらん。咲いたところの先からまた伸びてきてるが。」
と言うので、見てみると
a0047180_042458.jpg

緑の部分までが、前回咲いた時までに伸びていたところで
赤紫の所が新しく伸びたところです。

そして昨夜、Hさんが
「伸びた所の花が咲いてるよ」と再び連絡くれたので見に行きました。
a0047180_0443645.jpg

8月9日にはちょんちょろりんだったのに
さすがに短かったのですが、きれいに花を咲かせていました。

植物は動けない分、かなりしたたか。
したたかと言えば聞こえが悪いですが
戦略を立て植物植物でかなり工夫を凝らしています。
5月に花を咲かせ、実まで付いている花柄を
8月さらに伸ばし花をつけるのは一体何の戦略があるのでしょうか?
1年に1つぐらいこのようなものを見かけるのですが(近所の木の場合)
ん~~~不思議です。


今日のおまけ

咲いていたサガリバナに近づいてみました。
雄しべは根元付近ではピンク色なのに徐々に白くなっているのが分かります。
a0047180_051742.jpg


なんとなく、雄しべと雌しべの先端あたりを拡大してみました。
a0047180_052096.jpg

[PR]
by kazemaru-go | 2011-08-26 00:55 | 植物
<< かわいい子供たちとの出会い 木漏れ日 >>