屋久貝アクセサリー

屋久貝とはなんぞ。

昔、大きくて綺麗な貝が装飾・工芸にとてもが重宝されていた。
(正倉院の宝物にも、使用されているようである。)
そのころ屋久島以南を屋久地方と呼んでいたが、
貝は屋久地方で獲れた。
屋久地方で獲れる貝 → 屋久貝(ヤクガイ)。
これが転じてヤコウガイ。   らしい。

そう、ヤクガイとはヤコウガイのことなのです。
漢字では当て字で夜光貝と書かれますが、夜光ることはありません。
奄美は分布の北限近くで、熱帯近くのサンゴ礁で獲れるヤコウガイより
真珠層が緻密で輝きがいいらしいのです。
そのヤコウガイを今日、磨いてみました。

私は、全体がピカピカしているものでなく、
緑とクリーム色が中心で、光の当て具合でピカッと一部が光るものが好み。
出来上がりを想像しつつ、選んでみました。
下2枚の写真は磨く前の表と裏。
a0047180_222178.jpg
a0047180_22212754.jpg


これを、3時間近くかけて磨くと

a0047180_22223750.jpg
a0047180_2223180.jpg

写真じゃわかりにくいですが、横のほうは真珠層がピカピカしていて
変化に富んだ面白いものになりました。

a0047180_22255495.jpg

左二つは以前磨いたもの。
一番左は片ピアスにしていたのですが、重たすぎたのでストラップに、
左から二番目はブレスレットにしました。
さて、今回作ったものは何にしたらいいかなぁ。

この貝、20cmぐらいの大きさになるのですが軟体部は刺身などにすると
おいしんですよ♪
[PR]
by kazemaru-go | 2010-05-24 22:31 | その他
<< 陶芸 第二弾 初の陶芸 >>